サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 東京オリンピック用につくられた? まるで小さい観光バス、新型「グランエース」試乗

ここから本文です

東京オリンピック用につくられた? まるで小さい観光バス、新型「グランエース」試乗

とにかくデカイが視界は悪くない

トヨタの大型ワゴン、「グランエース」に編集が乗りました。昨年12月に発売され、月間販売目標600台のところ、初月は950台と好スタート。グレードは4列シート8人乗りの「G」(620万円)と、3列シート6人乗りの「プレミアム」(650万円)の2グレードとなっています。

グランエースのベースモデルは昨年2月に登場した海外用の新型ハイエース。実物を目の前にしてみると、とにかくデカイ。その大きさを他のモデルと比較してみましょう。
(それぞれ全長×全幅×全高)
5300×1970×1990mm:グランエース
4945×1850×1950mm:アルファード
4695×1695×1980mm:ハイエース バン(国内モデル・標準ボディ・標準ルーフ)

際立つのは2m弱という全幅と5m超えの全長。ホイールベースも3m強の3210mmと、乗用車として考えると日本国内ではあきらかに持て余しそうなサイズですが、そこは最小回転半径を5.3mに抑えることでカバーしています。

外観を眺めてみます。全体は直線で構成されたスクエアなフォルムで、フロントフェイスはアルファード/ヴェルファイアを思わせる押し出しの強いデザイン。サイドビューは現行ハイエースを思わせる直線的なラインで構成されています。リアは「真四角!」と言わんばかりの四角っぷりで、L字型のリアコンビランプが印象的です。

まずは6人乗りのプレミアムに乗ります。FRレイアウトのバンベースということもあり、強度を高めたラダーのアンダーフレームを持つためフロアが高め。運転席に座るにはハイエースと同じくAピラーにあるグリップを掴みながらヨイショと乗り込む感じです。

運転席に座ると、アイポイントは2トントラックにでも乗ってるような高さです。また横方向もさすが横幅2m弱、助手席側のミラーが遠くに感じます。とはいえ、見切りの良いスクエアなボディと縦に長い大型サイドミラーのおかげで視界に困ることはありません。後方ははるか遠くといった具合ですが、いずれのグレードにも標準装備されているデジタルインナーミラーに頼れば問題なさそうです。

次のページ>>ゆったりとした乗り味だがトラック用タイヤ指定がつらい

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します