現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > グランエース

トヨタ グランエース 新車情報・カタログ

トヨタ グランエース 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
新車価格(税込)

620.0 万円 650.0 万円

新車見積もりスタート

中古車価格帯

495.0 万円 835.0 万円

中古車を検索

  • アクセスランキング 413
  • 総合評価 3.5
  • ユーザーレビュー (詳細) 2
  • みんなの質問 (詳細) 5
車体寸法
(全長×全幅×全高)
5,300×1,970×1,990mm 燃料消費率 10.0km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 6〜8名 排気量 2,754cc

概要

■2019年12月
トヨタは、新型車「グランエース」を2019年11月25日に発表、同年12月16日より販売を開始する。

同年10月の東京モーターショーで参考出品された「グランエース」は、「アルファード/ヴェルファイア」を超える大型ボディを特徴とする上級ミニバン。そのボディは全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm、ホイールベース3210mmとなる。セミボンネットのパッケージを採用し、フロントには金属調加飾の大型ラジエターグリルを装着。リヤにはバックドアガーニッシュとL字型のリヤコンビネーションランプが組み合わされている。

バリエーションは2タイプを用意する。上級グレードとなる「プレミアム」は3列シートの6人乗り、ベースグレードとなる「G」は4列シート8人乗りとなる。プレミアムの2列目と3列目にはゆったりくつろげる本革仕様のエグゼクティブパワーシートを採用。ロングスライドやパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを標準装備する。4列シートのGには2列目にエグゼクティブパワーシートを、3列目にレバー操作でシートの調整可能なリラックスキャプテンシート、4列目にワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートを採用し、乗車人数や手荷物に応じてフレキシブルに対応する。また、スライドドア開口幅を1000mmとして、後席への乗降性にも配慮した。

インテリアはブラックを基調とした内装色を採用し、天井には明るいフロマージュをコーディネート。オプションとしてブラックを設定(プレミアムのみ)し、金属調加飾や木目調加飾と合わせて上質なインテリアを追求した。

パワーユニットは2.8リッター4気筒ディーゼルターボ(1GD-FTV)に6速ATの組み合わせ。最高出力130kW(177ps)/3400rpm、最大トルク450Nm/1600~2400rpmを発生し、FRレイアウトにより後輪を駆動する。足まわりは前ストラット、後トレーリングリンク車軸式を採用。ストレートラダーのボディ構造に加え、サスペンションジオメトリの最適化、ストロークの確保によって乗り心地と走行安定性を高めたという。最小回転半径は17インチタイヤ装着車で5.6mを実現している。

ディスプレイオーディオ(DA)とDCMを標準装備しており、すべての乗員に安心・便利なコネクティッドサービスの提供が可能。先進安全装備では歩行者(昼夜)、自転車(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。駐車時などに障害物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ:静止物)、車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示するデジタルインナーミラーなど、安心・安全をサポートする機能も充実させた。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る グランエース 2019年12月デビュー

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

歴代モデル一覧 グランエース

ユーザーレビュー グランエース

平均総合評価 3.5点(2件)
走行性能
3.0
乗り心地
3.5
燃費
2.0
デザイン
3.0
積載性
3.0
価格
4.0
  • 評価が低いレビュー

    コミュニティバスみたい

    2022.1.5

    クロミさん クロミさんさん

    グレード:プレミアム_6人乗り(AT_2.8) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    2

    走行性能
    2
    乗り心地
    3
    燃費
    1
    デザイン
    2
    積載性
    2
    価格
    3
    満足している点
    遠くの田舎へ家族で移動するため、ワンボックスを乗り継いできました。前車のメルセデスのVは新車からトラブル続きで今度は安心して乗れる車と思い、トヨタで同じ大きさがあり迷わず安心のトヨタにしました・広い道をまっすぐ走るには快適です。真夏の炎天下の渋滞でもエアコンは効きました。
    不満な点
    業務用ベース車のようなトラック的な操作部分はカタログの画像に写ってなく納車されてあまりにレトロ的でがっかりですが(装備表には小さく記載ありましがた。。)ある意味故障もなさそうと思えば納得です。運転席、助手席は疲れるシートです。(だいぶ前に乗ったグランドハイエースは良かった思い出が)サスが柔らかく高速でのコーナが怖く、走行音やエンジン音がうるさいです。 街乗りはしませんが駐車に困ります・
    乗り心地
    昔の高級車のようなふにゃふにゃな乗り心地です。 送迎には最適かと。。ディーゼルなので停車時も走行時もにぎやかです。

    続きを見る

新着順レビュー

  • コミュニティバスみたい

    2022.1.5

    クロミさん クロミさんさん

    グレード:プレミアム_6人乗り(AT_2.8) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    2

    走行性能
    2
    乗り心地
    3
    燃費
    1
    デザイン
    2
    積載性
    2
    価格
    3
    満足している点
    遠くの田舎へ家族で移動するため、ワンボックスを乗り継いできました。前車のメルセデスのVは新車からトラブル続きで今度は安心して乗れる車と思い、トヨタで同じ大きさがあり迷わず安心のトヨタにしました・広い道をまっすぐ走るには快適です。真夏の炎天下の渋滞でもエアコンは効きました。
    不満な点
    業務用ベース車のようなトラック的な操作部分はカタログの画像に写ってなく納車されてあまりにレトロ的でがっかりですが(装備表には小さく記載ありましがた。。)ある意味故障もなさそうと思えば納得です。運転席、助手席は疲れるシートです。(だいぶ前に乗ったグランドハイエースは良かった思い出が)サスが柔らかく高速でのコーナが怖く、走行音やエンジン音がうるさいです。 街乗りはしませんが駐車に困ります・
    乗り心地
    昔の高級車のようなふにゃふにゃな乗り心地です。 送迎には最適かと。。ディーゼルなので停車時も走行時もにぎやかです。

    続きを見る

  • でかい

    2021.3.1

    セシルオ セシルオさん

    グレード:プレミアム_6人乗り(AT_2.8) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    燃費
    3
    デザイン
    4
    積載性
    4
    価格
    5
    満足している点
    でかいところ
    不満な点
    でかすぎるところ
    乗り心地
    評論家さんのインプレッションでは評価が高いものが多いですが、やはりアルヴェルのセダンライクな乗り心地までは追いつかなかったかな…という印象 とは言え同じくらいのサイズのグラキャンなんかに比べたら雲泥の差だし、運転している分には全く不満なし!

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

専門家レビュー グランエース ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 新しい高級車のカタチ

    2021.9.30

    伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    燃費
    3
    デザイン
    4
    積載性
    5
    価格
    4
    満足している点
    たくさん人が乗れるこれまでにない高級な送迎用のクルマとしてとてもよくできているモデルだと思う。シートそれぞれが独立していて、操作系も電動が多いので、後席は本当にラウンジでゆったりくつろげるような仕立てになっている。それでいて荷物もしっかり搭載できるので、ホテルでの送迎車などとして特に喜ばれそうだ。
    不満な点
    後席はくつろげるような仕組みがたくさんあるが、運転してみるとやはりハイエースらしさをそこはかとなく感じさせるクルマ。自分で運転するのがメインの人や、アウトドアや仕事用に使うのであれば、元々のハイエースを購入するのもあり。
    乗り心地
    大きめの段差などは、ずしんと衝撃を伝えてくることもあるが、基本的には、ずっしりと重くて安定しているミニバンのような快適な乗り心地。もちろんハイエースよりもシートなどはしっかり高級に作られているので、シートの性能も乗り心地に貢献している。

    続きを見る

  • 実質法人向け大型高級ミニバン

    2021.9.30

    工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    走行性能
    4
    乗り心地
    5
    燃費
    4
    デザイン
    3
    積載性
    3
    価格
    2
    満足している点
    上位グレードの「Premium」は3列目まですべての後席が超上級、「G」は8人が乗れつつ「ハイエースグランドキャビン」などに比べると快適性が極めて高い、というそれぞれ唯一無二のキャラクターを持つ。プレミアム多人数乗用車とでも言うべき存在だ。静粛性や乗り心地は、従来の大型ワゴンとは一線を画する。
    不満な点
    車体が大きすぎて日常には向かないこと。駐車スペースにも苦労することになる。「アルファード」などのミニバンに比べると床が高いので乗降性で不利だ。また車体が大きい割にはシートを畳んだとしてもラゲッジスペースは広くできない。
    乗り心地
    初めて乗ったときの衝撃は忘れられない。貨物車ベースだから乗り心地がいいはずがないと予想していたら、想像のはるか上のレベルで乗り心地がいいのだ。サスペンションの動きに繊細さが感じられ、大きな衝撃を許さず車体がフラットに保たれるのだから立派。さすがに高級サルーンの水準までは届かないが、不快さは一切ない。見事である。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

みんなの質問 5 Yahoo!知恵袋で質問してみる グランエース ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

中古車アクセスランキング グランエース

中古車相場 グランエース

トヨタ グランエース
平均価格 589.9万円
平均走行距離 7,839km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

グランエースを見た人はこんな車と比較しています

トヨタを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/