サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フェラーリ、4年を費やしたワンオフモデル「P80/C」を初披露。「ディーノ206S」などをインスパイア

ここから本文です

フェラーリ、4年を費やしたワンオフモデル「P80/C」を初披露。「ディーノ206S」などをインスパイア

伊フェラーリは、サーキット専用に開発した新たなワンオフモデル「P80/C」を3月25日、発表した。

「史上最もエクストリームなワンオフモデル」とフェラーリが標榜するP80/C。そのベースとなったのは、「488GTB」に比べ50mm延長されたホイールベースを持つレースカーの「488GT3」だ。GT3マシンをベースとしたことで、“ロッソ・ヴェロ”と注文主が名付けたレッドのボディは、フェラーリらしいエレガンスを保ちながらも、キャブフォワードのアグレッシブなスタイルが実現した。

レースに特化したボディ構造は、フロントとリアのカタマラン(双胴船)スタイルにも表れており、パネルの下にはドライブトレーンが剥き出しになっている。また、公道走行を割り切ったことで、従来型のヘッドライトは装備しておらず、そのことがフロントマスクに独特の迫力を与えている。ロールケージが張り巡らされたインテリアは、488GT3と基本的に共通だが、ドアパネルなどはカーボン製に置き換えられた。

今回、注文主の名は明らかにされていないが、エンスージアストの家系に産まれ、自身もフェラーリに精通している男性コレクターで、アイコニックなレーシングマシン「330P3/P4」や「ディーノ206S」にインスパイアされたワンオフモデルの製作をフェラーリに依頼したとのこと。

フェラーリもその高度な要求に応え、フェラーリ伝統の官能性を現代的に解釈し直すことを目指したという。2015年のプロジェクト開始から実車の完成まで4年近くを費やし、P80/Cはフェラーリ史上最長の作製期間を要したワンオフとなった。特徴的なラップアラウンド型のキャビンなど、名車達へのオマージュは見事に実現しているから、この4年間は有意義だったといえるだろう。

レースカーが市販車と共通の華やかなDNAを持つのはフェラーリの良き伝統。P80/Cはそのことを再確認させてくれるフェラーリらしい1台といえるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します