サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > プリウス好調、末期のセレナが最後の踏んばり【ボディタイプ別売れ筋・6月】

ここから本文です

プリウス好調、末期のセレナが最後の踏んばり【ボディタイプ別売れ筋・6月】

SUV:ヴェゼルが安定して人気

SUV市場は、全体で3万1864台。前年同月に比べ1.2ポイントの拡大となり、今年に入ってからは28-29%台で安定したセールスを維持している。「スズキ イグニス」などニューモデルの参入が市場の安定化に寄与している模様だ。

首位は、「ホンダ ヴェゼル」。前月比24%増の7184台と市場の拡大に見合った伸び率を示し、強さをキープしている。2位は4121台を登録した「日産 エクストレイル」。ヴェゼル同様、人気は高いが、6月は伸び率10%とこの時期にしてはやや控えめで、ヴェゼルとの差がやや開いた。3位は「スズキ イグニス」。今年1月登場とカテゴリー中、もっとも新しいこともあり、伸び率は35%、登録台数3411台と好調だ。

4位は「トヨタ ハリアー」。ハリアーはこのところ販売が下降気味だったが、6月は前月比50%増と大きく伸長した。その大きな理由は、6月上旬に施された一部改良。機能の充実や特別仕様車の設定がセールス上昇に繋がった模様だ。5位には「スバル フォレスター」がランクイン。前月比15%の伸びをマークした。

おすすめのニュース

サイトトップへ