サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > BMW 5シリーズがマイチェンでスッキリ顔に。マイルドHVや先進安全装備を充実

ここから本文です

BMW 5シリーズがマイチェンでスッキリ顔に。マイルドHVや先進安全装備を充実

フロント周りを中心にフラットな表情が強まった

「BMW 5シリーズ」は1972年に初代(E12)が登場し、これまで7世代に渡って同社の屋台骨の一翼を担ってきた。現行モデル(G30)は2017年に発売され、ツーリング(G31)と共にこれまでに60万台が出荷された。今回はセダンとツーリングの両モデル共にLCI(ライフサイクル・インパルス)を受けた。LCIはBMWの社内用語でフェイスリフトを意味する。

エクステリアデザインの変化で目に付くのは、2列のL字型デイドライビングライトもったLEDヘッドライトで、オプションでレーザーライトや対向車を幻惑させないBMWセレクトビームが採用される。8本の縦格子が並ぶキドニーグリルのフレームは一体型のモノキドニーを形成。フロントエプロンの両端にはクロームフレームをもつ縦長三角形のエアインレットが配置され、Mスポーツはこれがメッシュが貼られた大型のものに変わる。

フロントからの眺めはかなりフラットになった。一方、リアは3次元フォルムのL字型リアコンビネーションライトや、水平かつワイドな印象のバンパーになった。エグゾーストパイプはすべてのモデルで台形になっている。

インテリアは最新のオペレーティングシステム7.0が装備され、ドライバーの正面には12.3インチ、ダッシュボードセンターには標準で10.25インチ、オプションで12.3 インチのディスプレイが装備される。こうした変化によって全高、全幅、ホイールベースには変化がないものの、セダンは27mm、ツーリングは21mmと僅かだが延長され、全長は共に4963mmとなった。セダンのCd値は0.23、ツーリングはCd値0.26である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します