サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ノートとセレナが登録車のトップ2に。クリーンディーゼル車とSUV好調で輸入車が活況【マーケット概況・1月】

ここから本文です

ノートとセレナが登録車のトップ2に。クリーンディーゼル車とSUV好調で輸入車が活況【マーケット概況・1月】

クリーンディーゼル/SUVをトレンドに市場が活況

1月の外国ブランド乗用車の新規登録台数は、前年比4.3%増の1万7278台と高水準となった。好調の背景には、クリーンディーゼル車やSUVの隆盛が挙げられる。クリーンディーゼル車は輸入乗用車全体の22.5%と約1/4を占めている。ディーゼル車はエンジンの特性上、力強い加速感が得られることから車重が重い傾向にあるSUVとの相性もいいとされ、こうした相乗効果が製品の魅力となって人気を押し上げているとも考えられる。

ブランド別では、トップ10ブランドのうち、9ブランドが前年実績を上回った。首位のメルセデス・ベンツは前年比3%増の4397台、2位フォルクスワーゲンは0.9%増、3位BMWは9.5%増、4位BMWミニは8.4%増を達成した。

なお5位には、ボルボがアウディを抜いてランクインした。ボルボは2018年3月に新型SUV「XC40」を投入し、また「V40」や「V90」「XC60」にディーゼル車を設定。こうしたトレンドを踏まえた商品攻勢が16.8%増という好調な結果に寄与した。一方、順位を逆転された6位アウディは前年比30%減の大幅に台数を減らしており、排ガス不正に絡むドイツ本国での社長逮捕などが販売に影響している可能性がある。製品の魅力でブランドイメージの挽回を望みたいところだ。

なお、7位から10位にはジープ、プジョー、ルノー、フィアットと続いた。ジープは昨年11月に新型「ラングラー」を投入、プジョーはディーゼルエンジン ラインアップの拡充を行なっている。なお、2月以降にはアウディやアルファロメオもディーゼルモデルを初導入することを発表しており、輸入車市場はしばらく話題が続きそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ