サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーは後輪駆動モデル級のスポーツツアラーに成長。日本導入グレードはどうなる?

ここから本文です

新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーは後輪駆動モデル級のスポーツツアラーに成長。日本導入グレードはどうなる?

初代はBMW初のFFとして商業的にも成功

1980年代の後半から欧州でもトレンドになりつつあったミニバンについて、当時の社長エバハルト・フォン・キューンハイムはスポーツ性を重んじるBMWの哲学に則り「ミニバンは決して作らない!」との発言を行った。しかしその後ミニバンは大きな流れとなり、BMWもその掟を破って2014年に「2シリーズ アクティブ ツアラー」(F45)を市場に投入する。

BMW 2シリーズ アクティブツアラーの買取相場

BMW初の背の高い2ボックスボディ、FFレイアウト、新開発のマクファーソンストラットとAアームを採用したシャシーなど新しい事ずくめだったが、この8年間に43万台が販売される成功を収めた。しかもオーナーの80%が他のブランドからの乗り換えというオマケまで付いて来たのであった。BMWはこの成功の要素を「プレミアムバリュー」「機能性」「ファン・トゥ・ドライブ」と分析している。主要市場は88%が欧州で、日本、台湾、韓国と続いている。

ほぼ全モデルが48Vマイルドハイブリッド仕様に

さて、この2シリーズ アクティブ ツアラーがフルモデルチェンジを受け2世代目(U06)に進化した。ベースとなるプラットフォームはFFプラットフォーム「UKL2」で、サイズは全長4386(+32)×全幅1824(+24)×全高1576mm(+21mm)、ホイールベースは2670mmで変化はない。パワートレーン関連ではガソリン&ディーゼル車ともに第2世代の48Vマイルドハイブリッド(14kW/19馬力)が、ベースモデルを除いて全車に搭載されている。

ガラリと変わった内外装。音声アシスト機能も装備

デザインは外装も内装も先代の面影がないほど大きく変わっており、特に先代の3倍はあるフロントの大型化されたキドニーグリルと、2本のパワードーム風プレスラインをもったエンジンフードがモダンで、力強くスポーティな印象を与えている。Cd値は0.26に改善された。

インテリアもデザインや質感、機能がアップグレードされ、「iXシリーズ」に搭載されているカーブドタッチディスプレイや、コンパクトモデルとして初の「オペレーションシステム8」が搭載され、「ヘイBMW!」で起動するボイスコントロールも装備する。

ドイツでは夏までに7グレードが発売予定

今春からドイツを始め欧州で販売されるのは3車種。
・BMW 218iアクティブ ツアラー:3気筒ガソリンターボ(136馬力)
・BMW 218d アクティブ ツアラー:4気筒ディーゼルターボ(150馬力)
・BMW 223i アクティブ ツアラー:4気筒ガソリンターボ(218馬力)

これに加えて夏までには下記もラインアップされる。
・BMW 220i アクティブ ツアラー:3気筒ガソリンターボ(170馬力)
・BMW 223i xDrive アクティブ ツアラー:4気筒ガソリンターボ(218馬力)/4WD
・BMW 230e アクティブ ツアラー:PHEV/3気筒ガソリン+モーター(システム出力326馬力)

PHEVモデルに試乗。EV航続距離は35km増しの90kmに

この試乗会には夏から発売が予定されているPHEV仕様の230e xDriveが用意されていたので、このモデルを中心にテストを行った。搭載されるeドライブシステムは5世代目で、磁石レス電気モーターの効率は93%上昇している。また搭載される希土類を使わないリチウムイオン電池は容量が従来のおよそ50%増しとなり、ネットで14.9kWh(グロスで16.3kWh)となる。最高速度は145km/h、航続距離は旧モデルよりも35km増しの90kmとなった。ウォールボックスでは2.5時間でフル充電が可能だ。

キャビンはコンパクトクラスとは思えないほどゆったりとしていて、パノラマルーフのお陰で明るい。10.25インチのインフォメーションディスプレイと10.7インチのタッチコントロールディスプレイは「iX」と共通だ。

PHEVもガソリンモデルもファミリースポーツツアラーに成長

スタート時は「パーソナルモード」と名付けられたハイブリッドモードを選択すると、まずは電気モーターだけで発進する。最初の街中のセッションでは次から次へと続くスピードバンプに悩まされるが、およそ100kgと想像される電池の重さにも関わらず、マクファーソンストラットとAアームを組み合わせたシャシーはしっかりとバンプを吸収する。

郊外でスロットルを踏み込むと110kW(150馬力)の1.5リッター3気筒ターボエンジンが着火、130kW(177馬力)の電気モーターと共に240kW(326馬力)のシステム出力で力強い加速を見せる。山岳路に入ってスポーツモードを選択すると、登販路やコーナーでは後輪にトルクが伝わりトラクションが増して、姿勢が安定する。

ソフトウェアがアップデートされた7速DCTはスタート時から滑らかなシフトを可能にしている。電気モーターとの協調も全く問題ないレベルだ。ステアフィールも旧モデルではFFの性格を完全にマスターしているとは言えなかったが、このモデルではFRに勝るとも劣らないレベルに仕上がっている。

この230ePHEVだけでなく、後にテストしたICE搭載の新型2シリーズ アクティブ ツアラーは「駆け抜ける歓び」を体感できるファミリースポーツツアラーに成長していた。コンパクトSUVブームの中にあっても、そのエレガントなデザインで十分に存在感を放つに違いない。

日本に導入されるのは5グレード?

注目される日本導入グレードは現在のところ以下のモデルが準備されている。
・BMW 218iアクティブ ツアラー:3気筒ガソリンターボ(136馬力)
・BMW 218d アクティブ ツアラー:4気筒ディーゼルターボ(150馬力)
・BMW 223i アクティブ ツアラー:4気筒ガソリンターボ(218馬力)
・BMW 230e アクティブ ツアラー:PHEV/3気筒ガソリン+モーター(システム出力326馬力)

早ければ3月にもBMWジャパンから正式発表があるだろう。ただしPHEVは夏からの生産で、導入は早くても秋ごろになるはずだ。価格はまだ発表されていない。

※取材記者が独自に入手した非公式の情報に基づいている場合があります。

レポート:Alex Ostern/Kimura Office
写真:Kimura Office

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します