サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 金子浩久が注目するパワートレインの今と未来【2015総括&2016展望】

ここから本文です

金子浩久が注目するパワートレインの今と未来【2015総括&2016展望】

金子浩久が注目するパワートレインの今と未来【2015総括&2016展望】

テスラ・モデルS(写真:テスラモーターズ)

衝撃的だった「テスラ・モデルS P85D」の完成度

2015年は、多彩なパワートレインがクルマに搭載された年だった。EV(電気自動車)やプラグインハイブリッドはもはや珍しいものではなくなったが、それぞれの特性を生かしたものが多かったように思う。

例えば、衝撃的だったのがテスラ・モデルS P85D。0-100km/h加速 3.3秒というカタログデータ通りの強力な加速に助手席の編集者は「エンジンからのサウンドや振動がないから身体が構えることができずに、付いていけない」と驚きながらコボしていた。

0-100km/h加速 3.3秒といったら、マクラーレン540Cよりも0.2秒も速いのである。同570Sには0.1秒負けるが、ポルシェ911GT3 RSとは同タイムだ。2シーターのスポーツカーやロードゴーイングレーシングカーなどと同等か、それ以上に速い4ドア5シーターセダンなのである。モデルS P85DというEVは。これに驚かずに、何に驚くというのだろう。

驚かされたのは、速さだけではない。モデルSは発表時から改良が進み、各部のクオリティが大幅に向上して使いやすくなっている。発表時はメーターパネルとメーター類そのものがメルセデス・ベンツの、それも最新ではないモデルのメーター類やレバー類が流用されていたのだが、P85Dではメーターはフルスクリーンとなり、流用はレバー類に留まっている。

異次元の静粛性の高さだし、滑らかさも群を抜いている。これが、クルマを造り始めてわずか2モデル目の製品だとは信じられないほどの完成度の高さである。ずっとクルマを造り続けてきた自動車メーカーのアドバンテージとは、どこにあるのだろう。P85Dは、高級高性能セダンとしてエンジン車と遜色ないどころか、凌駕しているところの多いEVに仕上がっている。EVの特性を完璧に生かしながら、クルマとして大変に魅力的な商品だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します