サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディ A6に2リッター4気筒ターボ搭載グレード追加。その乗り心地は体験して損なしかも

ここから本文です

アウディ A6に2リッター4気筒ターボ搭載グレード追加。その乗り心地は体験して損なしかも

5メートルに迫る車体でも街中での取り回しは良好

※2020年3月23日取材

昨年3月にフルモデルチェンジを果たしたアウディ A6。当初は1000万円オーバーの3リッターV6ターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた上位グレード2つのみの導入でしたが、今年の1月、2リッター直4ターボ搭載グレードが追加されたということで、編集が300kmほど乗りました。

借り出したのはベースとなる740万円の「45 TFSI クワトロ」に、スポーティな装備を追加した799万円の売れ筋グレードとなるであろう「45 TFSI クワトロ スポーツ」です。3リッターエンジン搭載グレードに比べてお求めやすくはなっていますが、試乗車は約220万円分のオプションが装備され、上位モデルとほぼ変わらない価格帯でした。

見た目はここ最近のソリッドなラインを多用し、張り出したホイールアーチやダックテール形状のトランクリッドなどを取り入れた既視感のあるアウディデザインですが、スポーティさとラグジュアリーさがちょうどいい具合にミックスされたスタイルが、静かなる凄みを感じさせます。A4よりラグジュアリーに、A8よりスポーティに仕立てられるサイズのA6は、アウディとしてもキャラ設定に欲張ることができるちょうどいい素材だったのかもしれません。

パワートレーンは245ps、370Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンと12Vのマイルドハイブリッドシステムの組み合わせ。ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトにつながっていて、エネルギー回生とエンジン再始動、そして最大5秒間、6kWと60Nmの力でエンジンをアシストしてくれます。尚、エンジンルーム内に搭載されたリチウムイオンバッテリーの容量は0.15kWhです。

久々の大きなクルマで恐れていた狭い道路での取り回しですが、意外にも小回りが利く印象。それもそのはず、試乗車にはオプションの速度に応じてステアリングのギアレシオが最適化される可変制御ステアリングと、低速走行時には後輪が前輪と逆位相に切れて最小回転半径を抑えつつ、高速走行やワインディングでは同位相に切れる後輪操舵システムが装備されていたのでした。そもそもが大きいボディなので過信は禁物ですが、乗ってひとつめの交差点を曲がるだけでも実感できるポイントかと思われます。

次のページ>>アウディドライブセレクトを使って好みの乗り心地に

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します