サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ランドローバーが新型ディフェンダーを世界初公開。プラットフォームはモノコック構造を採用

ここから本文です

ランドローバーが新型ディフェンダーを世界初公開。プラットフォームはモノコック構造を採用

ランドローバーは、10日に開幕したフランクフルトモーターショーで新型「ディフェンダー」を世界初披露した。数年前より予告されていた待望の本格SUVは、42度の下り斜面で停止した姿を見せ、世界に誇る優れた走破性の片鱗を印象付けた。

新型ディフェンダーは、ひと目でそれと認識できるデザインをまとう。前後のオーバーハングは切り詰められ、大径ホイールを装着。キャビンはスクエアを基調としながらカドは丸められ、ルーフは高く設計されている。新型のデザインにさらなるゴツさを期待していた向きもいるかもしれないが、現代のSUVとしてはかなり機能に振ったデザインといえるだろう。

プラットフォームは、従来のラダーフレーム構造ではなく、「D7x」と呼ばれる新世代のアルミニウムモノコック構造のアーキテクチャーを採用する。ボディ剛性はラダーフレーム式だった従来モデルに比べて3倍にまで引き上げているという。

またサスペンションは、4輪独立懸架式へと改められ、金属バネ仕様とエアサス仕様が設定される。ボディおよびサスペンション形式は従来モデルとの大きな相違点だが、新型ディフェンダーは最大積載量が900kg、牽引能力は3720kg、渡河性能は900mmを誇り、タフなつくりが追求されているのは間違いない。

豊富なオプションの中から、用途にあった仕様を選ぶことができるのもディフェンダーの特徴。ボディはホイールベースの異なる「90」シリーズと「110」シリーズが用意され、90シリーズは最大6人乗り、110シリーズは5人乗り、6人乗りのほか、5+2シートを採用した7人乗り仕様も設定される。

グレードは、仕様・装備の異なる「S」「SE」「HSE」、そして最上級の「ディフェンダーX」が設定される。さらにパッケージオプションも4タイプ用意。パワートレインは、ガソリンおよびディーゼルのほか、マイルドハイブリッド仕様と、プラグインハイブリッド仕様の設定も予定され、選択肢は多い。また乗用タイプのほかに、商用モデルも2020年に登場予定となっている。

英国での車両価格は、90シリーズが4万ポンド(約532万円)から、110シリーズは4万5240ポンド(約601万円)から設定される。

【 ランドローバー ディフェンダーのその他の情報 】
ランドローバー ディフェンダーの中古車一覧
ランドローバー ディフェンダーのカタログ情報
ランドローバー ディフェンダーの買取相場

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します