サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディA6セダンとアヴァントを日本導入。デビュー記念モデルは920万円から

ここから本文です

アウディA6セダンとアヴァントを日本導入。デビュー記念モデルは920万円から

昨年9月に日本に導入されたフラッグシップセダンA8とA7スポーツバックに続き、8代目となる新型A6セダンおよびA6アヴァントが3月20日から国内発売となります。価格は920万円(セダン 55 TFSI クワトロ デビューパッケージ)から。

新型A6のボディサイズ(セダン)は全長4950(先代Sラインパッケージ比+5)×全幅1885(同+10)×全高1430mm(同-35mm)、ホイールベース2925mm(同+15mm)と先代からほぼ変わらず。エクステリアはA8からの新デザインが反映され、クロームトリムで縁取られた大型シングルフレームグリル、細かなラインで構成されるヘッドライトやリヤコンビネーションランプなどでスポーティ感が増した印象です。インテリアも一新され、ブラックパネルとアルミ調フレームで層状の立体的な空間を構成。物理的なスイッチやボタンのほとんどがダッシュボード中央の10.1インチと8.6インチの2つのディスプレイに集約されました。

まず日本へ導入されるパワートレーンは、48Vマイルドハイブリッドと組み合わされた3.0L V6 TFSI(直噴ターボ)で、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発生。クランクシャフトに接続されたベルト駆動式オルタネータースターターを主とするマイルドHVシステムは、減速時には最大12kWのエネルギーを回生し、電力はリヤに搭載されたバッテリーに蓄えられます。コースティングは55~160km/hの間で最大40秒間可能で、またアイドリングストップ機能は22km/h以下で作動。このシステム導入によって100km走行あたり最大0.7Lの燃費改善を実現したそうです(欧州仕様参考値)。なお、今後2.0L 直4 TFSI(252ps、370Nm)、2.0 直4 TDI(207ps、400Nm)も順次追加される予定です。

運転支援システムもA8並みに充実し、アダプティブクルーズコントロール(ACC)をベースに全速度域で作動するレーンキープ機能とトラフィックジャムアシストを組み合わせたアダプティブドライブアシスト(ADA)や、見通しの悪い交差点などで前方の危険を監視して警告を発するクロストラフィックアシストなどを用意。将来的にはパーキングスペースへの駐車および退出操作を自動的に行う機能も導入予定だそうです。

2018年は日本でもやや販売に苦戦したアウディですが、昨年からの高級ライン投入、今後予定されるQ8、A1、e-tron、TTなどの新モデル攻勢で再び勢いにのることができるでしょうか。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します