サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アストンマーティン、高級サルーン「ラピード」のEV版を発表 航続距離は300km以上

ここから本文です

アストンマーティン、高級サルーン「ラピード」のEV版を発表 航続距離は300km以上

英アストンマーティンは4月16日、上海モーターショー(4月18日~25日)にて、「ラピード」のEVバージョン「ラピードE」を世界初公開した。

伝統の英国スポーツカーブランドは、初となるEVをアンベールする会場として上海を選んだ。今回、限定155台で生産されるラピードEは、美しい4シーターボディはそのままに、中身をフルEVにコンバージョン。ラゴンダブランドで登場予定のラグジュアリーEVなど、アストンの新時代へ向けた嚆矢となるモデルとなっている。

EV化にあたり、6.0リッターV12エンジンや燃料タンクは取り払われ、代わりに65kWhのバッテリーを搭載。エネルギーは800Vのエレクトリカルシステムを通じて、リアのツインモーターに送られ、LSDを介して後輪を駆動する。そのトータル出力は最高出力610馬力、最大トルク950Nmに達し、0-100kmは4.2秒、最高速度は250km/hとなる。特筆すべきは80~112km/hを1.5秒で加速する中間加速の鋭さ。これはモーターによるリニアなトルク特性のたまものといえるだろう。

ボディワークでは、EV化により冷却の必要性が薄れたため、伝統のラジエーターグリルはハニカムスタイルへ変更されている。また、エギゾーストが不要になったことでアンダーフロアの設計も見直され、フロントからリアへのエアフロー改善に寄与。さらに、空力に配慮した新デザインのアルミホイールを履き、タイヤも抵抗の低い専用のピレリ「P-Zero」に変更された。こうした積み重ねによって、車両全体の空力特性は内燃機関モデルより8%向上。航続距離は322km(WLTPモード)に達しており、週末のロングツーリングにも対応できそうだ。

インテリアではアナログメーターが姿を消し、代わりにバッテリーの状態やモーターの出力レベルなど、様々な情報を表示できる10インチのLCDパネルが装着された。軽量化のため、ベースモデルに比べカーボンファイバーの使用箇所が増えていることにも注目したい。

価格は要問合せとのことだが、わずかな生産台数ということもあり、早々に注文に踏み切る富裕層は多そうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します