サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 「CX-5」商品改良 2.5Lガソリンターボと2.2ディーゼルに6MT追加など

ここから本文です

「CX-5」商品改良 2.5Lガソリンターボと2.2ディーゼルに6MT追加など

マツダは10月11日、クロスオーバーSUV「CX-5」の商品改良モデルを発表し、同日より予約販売を行う。発売は11月22日から。トピックは2.5L直噴ガソリンターボエンジンの追加と、2.2Lディーゼルターボエンジン車に6速MTの追加、特別仕様車「エクスクルーシブ モード」の設定などとなっている。

2.5L直噴ガソリンターボエンジンは、北米などに展開されている「CX-9」用のものをレギュラーガソリン仕様に変更。最大トルクは420Nm/2000rpmと同じだが、最高出力は230ps/4250rpm(北米向けハイオク仕様は250ps/5000rpm)としている。また2.2LディーゼルターボエンジンのFF、4WD車に6速MTを追加設定した。いずれのグレードもAT車とMT車に価格差は無い。

特別仕様車「エクスクルーシブ モード」は、ナッパレザーを使用したディープレッドのシートや、インパネやドアパネルなどに本杢加飾を採用し、インテリア全体の質感を高めている。また「7インチマルチスピードメーター」が装備され、メーター中央の7インチTFT液晶は「マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール」作動時の上限速度や、様々な車両情報を表示することができる。

また、コーナリング時のハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させ、車両姿勢を制御する「G-ベクタリング コントロール システム」にブレーキ制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス」を全車標準装備した。

他には「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスドSCBS)」に夜間歩行者検知機能の追加、360°ビューモニターを全グレードでオプション化(エクスクルーシブ モードは標準装備)、コネクティビティシステム「マツダ コネクト」の「Apple CarPlay」、「Android Auto」対応、パワーウインドウ全席ワンタッチ全開閉機能の全車標準装備などを行っている。

価格は2.0L NAガソリンエンジンを搭載した「20S(FF・6AT)」が257万400円、2.5L 直噴ターボエンジンを搭載した「25T L パッケージ(4WD・6AT)」が355万3200円、2.2L ディーゼルターボエンジンを搭載した「XD エクスクルーシブ モード(FF・6MT)」が365万5800円などとなっている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します