サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > AMG C63に試乗…その前にアーマーゲーという無教養な発音はやめよう

ここから本文です

AMG C63に試乗…その前にアーマーゲーという無教養な発音はやめよう

AMG C63に試乗…その前にアーマーゲーという無教養な発音はやめよう

メルセデスAMG C63S クーペ

AMGモデルは「パナメリカーナグリル」を採用

前置きが長くなったが、主題は「AMG C 63」&「AMG C 63 S」のマイナーチェンジである。その中身は技術的なアップグレードもあるものの、デザイン・サイドからの影響が非常に大きい。

メルセデスは新たにデザイン定義をブランド別に住み分けることを公表した。マイバッハを「アルティメート・ラグジュアリー・デザイン(究極の高品質デザイン)」、メルセデス・ベンツを「モダン・ラグジュアリー・デザイン(最新トレンドや技術を追ったラグジュアリー・デザイン)」、そして今回紹介するAMGに与えられたのが「パフォーマンス・ラグジュアリー・デザイン」である。スポーツ、情熱そして尖鋭技術がメッセージで、その一番の象徴が「パナメリカーナ・グリル」と呼ばれる縦に格子の入ったグリルだ。また、AMGモデルの内装にはアルミパネルやARTICOとDINAMICAを組み合わせた人工レザーが奢られ、オプションではカーボンファイバー素材も用意されている。

搭載されるエンジンはマイナーチェンジを受ける以前のそれを踏襲しており、いずれも4リッター V8ツインターボでC63の最高出力が350kW(476hp)/5500-6250rpm、最大トルクが650Nm/1750-4500rpm、C63Sの最高出力が375kW(510hp)/5500-6250rpm、最大トルクが700Nm/2000-4500rpmをそれぞれ発揮する。組み合わされるトランスミッションは7速に替わってすでにE63に採用されている9速のAMGスピードシフト(MCT9G)がC63Sに移植された。C63シリーズの最高速度は250km/hでリミッターが介入するが、C63Sクーペは290km/hまで到達、0-100km/hは3.9秒でこなす。ちなみに今回テストしたC63Sカブリオレは重量増のために最高速度は280km/h、0-100km/hは4.1秒と若干の遅れが加算される。

シャーシは基本的には旧型のシステムを踏襲しており、フロントに4リンク、リアはマルチリンクで、電子制御のアダプティブ・ダンパーが組み合わされている。一方、リアのリミテッドスリップ・ディファレンシャル(LSD)は機械式から電子制御式となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します