サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型A6アバントが登場。アウディにとってセダンよりも重要なモデル

ここから本文です

新型A6アバントが登場。アウディにとってセダンよりも重要なモデル

A6はデザインもアバントに合わせてセダン決定

注目のエクステリアは、これまで以上に上質で洗練されたアピアランスを目指してデザインされている。エクステリア・デザインを担当したパリス・シブルスキー氏は、「ステーションワゴンとしての実用性はもちろん大事だが、それ以上にプレミアムDセグメントのステーションワゴンとして、スタイリッシュである事が重要です」と語った。

具体的には、ルーフ高を後方まで維持しながら、リアウインドーを先代モデル以上に寝かせて、まるでクーペの様なスポーティネスとエレガンスを感じさせるリアビューを実現した。また力強く張り出したブリスターフェンダーやロープロファイルなDピラー、スマートなルーフエンド・スポイラーなども、スポーティなルックスに大きく寄与している事は間違いない。

ちなみにリアドアは、上部は専用デザインだが下部はセダンと共通である。またリアコンビランプもセダンと同一だが、アバント独自のキャラクターは全く霞んでいない。それもそのはず、シブルスキー氏によれば、新型A6のデザインは、まずアバントを固めてからセダンを調整したのだそうだ。

また、LEDヘッドライトが標準装備で、スマート・マトリックスLEDヘッドライトも用意される。また、LEDデイライトは、電源オン時に複雑なアニメーションを展開する凝った作りとなっている。今回用意された車両は、内外装をスポーティなスタイリングに仕立てた55TFSIクワトロのSラインで、21インチの大径アルミホイールを装着していたが、新型は17~21インチが用意され、先代(16~20インチ)より下半身のしっかり感が増した。

ラゲッジは、通常時が565リッター、40:20:40の分割可倒式リアシートを倒せば、最大で1680リッターに拡大する。電磁スイッチによるフォールディング機能はオプションとなる。フロアは幅1050mm、奥行き最大1900mmと余裕たっぷりだ。また凹凸のないスッキリとした開口部を実現したテールゲートは、電動開閉機能が全車標準で備わり、センサーコントロールも選択可能となっている。

着実な進化を遂げたニューA6アバントは、上質でスタイリッシュなステーションワゴンとして文句ない仕上がりである。今回も世界中で人気を集めることだろう。なお、ニューA6アバントは、今秋にヨーロッパ市場を皮切りに各市場に導入される。日本市場にも2019年初頭あたりには導入される見通しだ。

※日本での発売等への記述は取材記者が海外試乗会で独自に入手した非公式の情報に基づいている場合があります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します