サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサスRC/RC F発表、待望のリアルスポーツ

ここから本文です

レクサスRC/RC F発表、待望のリアルスポーツ

レクサスは10月23日、新型スポーツクーペのRCと、そのハイパフォーマンスバージョンとなる新たなフラッグシップスポーツ RC Fを発表した。

RC専用設計の強固なシャシー

「レクサスのイメージを変えていく」という重要なポジションに位置づけられるRCの外観は、精悍なスピンドルグリルと大きく張り出したフェンダー、コンパクトなキャビンや大径タイヤによって、重心の低いワイド&ローなスタイルを強調。シャシーは3種のレクサス車(フロント:GS、センター:IS C、リア:IS)をベースに剛性面、機能面の向上を目的に新たに専用設計され、RC Fにはさらにフロアアンダーブレース、リアパーテーションブレースなどの追加で強化が図られている。

RC FのV8 NAは477ps/530Nmを発生

RCのパワートレーンには2タイプを設定。ガソリンモデルのRC350には、3.5L V型6気筒DOHC直噴エンジン(最高出力318ps/最大トルク380Nm)、ハイブリッドモデルのRC300hには2.5L 直列4気筒DOHC直噴エンジン(最高出力178ps/最大トルク221Nm)+電動モーター(最高出力143ps/最大トルク300Nm)が搭載される。トランスミッションは前者にNORMAL、SPORT、Mの3つの走行モードが選択できる8速AT、後者にはCVTが組み合わされ、燃費はそれぞれ9.8km/L、23.2km/L(JC08モード)を達成している。

高性能版のRC Fには、5.0L V型8気筒DOHC直噴エンジン(最高出力477ps/最大トルク530Nm)を搭載。トランスミッションはNORMAL、SPORT S、SPORT S+、Mの4つの走行モードを備える8速ATが組み合わせられ、燃費は8.2km/L(JC08モード)となっている。なお、V8 NAエンジンの特性が感じられるように専用チューニングが施されたASC(アクティブサウンドコントロール)も装備される。

FR車世界初採用のTVD

RC FにはFR車で世界初採用となる駆動力制御システムTVD(トルクベクタリングディファレンシャル)をオプションで設定。後輪左右の駆動力を適切にコントロールすることで安定した車両挙動が実現できるという。TVDはバランス重視のSTANDARD、素早いステアリングレスポンスが得られるSLALOM、サーキットでの安定性を重視したCIRCUITの3モードから選択可能。

走りをサポートする安全装備

ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムをはじめ、後側方エリアの車両を検知して知らせるブラインドスポットモニター、駐車場から後退する際に左右後方から接近してくる車両を知らせるリヤクロストラフィックアラート、その他レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなど安全装備も充実している。

価格は、RC350のベースモデルが596万円、バージョンLが660万円、Fスポーツが678万円。RC300hのベースモデルが565万円、バージョンLが629万円、Fスポーツが627万円。RC Fはベースモデルが953万円、カーボンエクステリアパッケージが1030万円。

<主要スペック>

【 関連記事:レクサスRC、RCF試乗。リアルスポーツの完成度は? 】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します