サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MC版VWゴルフに試乗。衰えない内燃機関への情熱を証明した新エンジン

ここから本文です

MC版VWゴルフに試乗。衰えない内燃機関への情熱を証明した新エンジン

改めて感じる実力の高さ。ただ気になるところも…

走りに関する部分の変更は、シャシーに関してはなし。だが、試乗してみると改めてゴルフの実力の高さには頭が下がる思いだ。ボディは圧倒的な剛性感があり、荒れた路面をハイスピードで駆け抜けてもミシリともいわない。高速域でもフラットライドで乗り心地は快適。ハンドリングは適度にシャープでありながら、リアががっしりと粘って絶大な安心感がある。ステアリングフィールも文句なしだ。

最近ではTNGAのトヨタ・プリウス、SGPのスバル・インプレッサなどが飛躍的な進化を遂げており、たしかにプラットフォームのポテンシャルという基礎の部分ではゴルフも怖くないと思わせるが、ところどころにもうちょっとコストをかけられれば……、という面も見受けられる。ゴルフにはまだ見習うべき点があるようだ。

ただ気になったのは、タイヤからのノイズがやや耳につくことだった。トレッドパターン内の空気が共鳴して発するヒュー音、大きな凸凹を通過したときに叩かれたタイヤの内部が共鳴するパンッという音などだ。これについてはエンジニアも気になっているそうで、ドイツでは問題なかったものの、試乗ステージとなったマヨルカ島の路面がくせ者のようだという。改めて確認するということなので、日本に上陸する頃には対策されているかもしれない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します