サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 本当に最後のランエボ"ファイナルエディション"予約始まる

ここから本文です

本当に最後のランエボ"ファイナルエディション"予約始まる

本当に最後のランサーエボリューション

三菱は4月10日から、ランサーエボリューションXの特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」の先行予約を開始する(発売は2015年8月頃を予定)。日本における販売台数は限定1000台で、車両本体価格は429万8400円。本モデルをもってランサーエボリューションXは生産終了となり、ランサーエボリューション・シリーズもいよいよ完結する。

5速MTのみ。ナトリウム封入バルブを新採用

「4B11型」2.0L 4気筒DOHC MIVECターボエンジンは新たにナトリウム封入エキゾーストバルブを採用。最高出力を向上させ(4/10時点では数値は未公表)、中高速域で伸びのある出力特性を実現した。

ハイテク車両運動統合制御システムのS-AWCへの変更はないが、従来はメーカーOP設定だったハイパフォーマンスパッケージ(ビルシュタイン社製前後単筒式ショックアブソーバー、アイバッハ社製コイルスプリング、ブレンボ社製2ピースタイプフロント大径ベンチレーテッドディスクブレーキ、ハイパフォーマンスタイヤ)が標準装備される。

ツインクラッチ式トランスミッション「TC-SST」は昨年生産終了しているため、ファイナルエディションは5速MT車のみが設定される。

ダーク調カラーでコーディネイト

ボディカラーは全5色で、ルーフ部をブラックにした2トーンカラー(メーカーOP)を組み合わせると全10色の展開。フロントグリルモールはダーククロームメッキ、バンパーセンターとボンネットフードエアアウトレットはグロスブラック塗装で、BBS社製鍛造軽量アルミホイールもダーク調塗装されている。

インテリアは天井と各ピラーをブラックに統一。レカロ社製レザーコンビネーションシート、ステアリングホイール、シフトノブ、パーキングレバー、フロアコンソールリッドにはレッドステッチが入る。

また、リアトランクには「Final Edition」のエンブレム、フロアコンソールにはシリアルナンバープレートを採用。インフォメーションディスプレイのオープニング画面にも「Final Edition」が表示され、最終仕様の雰囲気を醸し出す。

今回は歴代ランサーエボリューションの画像も合わせてお楽しみください。

<スペック>

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します