サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 新型タント好調でダイハツがメーカー別ランキングで3位に【マーケット概況・8月】

ここから本文です

新型タント好調でダイハツがメーカー別ランキングで3位に【マーケット概況・8月】

ドイツ3強から新型車が続々登場

8月の海外メーカー乗用車の登録台数は前年比0.7%増の2万1389台で、微増ながらプラスを維持した。ブランド別では、首位のメルセデス・ベンツが前年比約10%減。2位BMWは11%増、3位フォルクスワーゲンは約12%減と上位ブランドの実績にはばらつきが出た。

メルセデスは直近で「Aクラスセダン」(7月)や新型「GLE」(6月)、ピュアEVのSUV「EQC」(7月)を、BMWは新型「X7」(6月)や「5シリーズ」のディーゼル4WDモデル(7月)を、フォルクスワーゲンもまもなく「ゴルフ」や「シャラン」のディーゼルモデルの投入(10月)を予定するなど、モデル攻勢を進めている。今後台数を積み上げてきそうだ。

4位アウディはBMWミニ(5位)を抜いて順位をアップ。中団グループのボルボ(6位)、ジープ(7位)、プジョー(8位)、ポルシェ(9位)、ルノー(10位)は前月から順位の入れ替えもなく、堅調な販売を維持している。

また、8月はランドローバー(同53%増)、シトロエン(同75%増)、DS(同104%増)、BMWアルピナ(同100%増)、ロールスロイス(同61%増)などが大きな伸びを示した。

【 メルセデス・ベンツ Aクラスのその他の情報 】
メルセデス・ベンツ Aクラスの中古車一覧
メルセデス・ベンツ Aクラスのカタログ情報
メルセデス・ベンツ Aクラスの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ