サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 最後のランエボにサーキットで試乗。煮詰められたドライバビリティ

ここから本文です

最後のランエボにサーキットで試乗。煮詰められたドライバビリティ

雨のサーキットでアクセル全開

ランサーエボリューション ファイナルエディションの試乗の舞台は、そのパフォーマンスを存分に発揮できるサーキットだったが、当日はあいにくの雨。恨めしく空を睨んでみたが好転する予兆はまったくない。仕方なしに、どんな状況でも速い高性能4WDだから問題ないはず、と言い聞かせてコースインしていく。

だが、路面は想像していたよりもスリッピー。タイヤがドライ志向だからか、コースが磨かれているからか定かではないが、ツルツルとよく滑る。思わずレッドゾーンまで引っ張らずショートシフトしそうになったが、ファイナルエディションの最大のトピックスはエンジンパワーが増強されたことなのだからそれは許されない。意を決してアクセルを全開にし、高回転まで引っ張っていく。

ランサーエボリューションXは発売当初が280PS、2008年のマイナーチェンジで300PSと進化してきたが、今回は313PSに達した。最大トルクも422Nmから429Nmへとわずかながらも増強されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します