サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 軽のシェアが4割に迫る。SUVは急減【ボディタイプ別売れ筋・4月】

ここから本文です

軽のシェアが4割に迫る。SUVは急減【ボディタイプ別売れ筋・4月】

ミニバン:首位はセレナ、シエンタが肉薄

ミニバン市場は合計4万5910台を登録し、市場シェアは26.1%と登録車全体の約1/4を占めた。人気の傾向は、ノア/ヴォクシーやセレナなどが属する小型ワンボックスクラスと、シエンタ/ホンダ フリードが属するコンパクトクラスが主流で、それぞれの市場でしのぎを削っている。

首位は前月に続き、「日産 セレナ」がキープ。とはいえ、登録台数は2位「シエンタ」とわずか40台差、直接のライバルである3位「トヨタ ヴォクシー」とも約300台差とおちおちしていられない状況だ。なお2位シエンタは、このところコンスタントにフリード(4位)を上回る健闘を見せている。

なお5位には、7位から順位を上げてきた「トヨタ ノア」が入った。これにより「ホンダ ステップワゴン」はトップ6に押しやられる格好に。とはいえミニバン市場は販売上位モデルの台数差が少なく、接近戦が切り広げられているため、挽回のチャンスは十分にありそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ