サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > イタリアのコンパクトSUV・フィアット500Xが改良でクロスオーバーな見た目に。新エンジンも搭載

ここから本文です

イタリアのコンパクトSUV・フィアット500Xが改良でクロスオーバーな見た目に。新エンジンも搭載

販売のメインは上位グレードの500X クロス

フィアットの小型SUV「500X」がマイナーチェンジを受けて5月18日(土)から発売されます。

新型500XはLEDライトを採用するなどフロント周りのデザインを刷新。新世代の1.3Lターボエンジンを搭載し、パワーや燃費、静粛性が向上しました。

ラインアップは「500X」(FF)298万円と、「500X クロス」(FF)334万円の2種類で、従来モデル比5~17万円のアップ。安いほうの「500X」は受注生産となっているので、334万円の500X クロスが販売のメインになりそうです。

新世代の1.3Lターボエンジンを搭載

今回もっとも大きな変更となるのが、フィアット初採用となる、新世代の1.3L 4気筒ターボの搭載です。吸気側バルブにカムシャフトの代わりに油圧ピストンを使う、エンスーなメカで知られるマルチエアエンジンというのは変わりませんが、従来の1.4Lから排気量を100cc下げつつも、最高出力は11ps増しの151ps、最大トルクは20Nm増しの270Nmを発生。燃費も約10%向上しています(※欧州参考値)。トランスミッションは従来通り6速DCTが組み合わされます。

前後バンパーとライトのデザインを変更

外観では500X クロスのヘッドライトがバイキセノンからLEDヘッドライトに変更されました。細かなところですが、デイタイムライトとポジション灯の丸を描いた発光部分が、500Xのロゴのように上下に分割されているのがトリビアだとか。

また、前後バンパーがアンダーガード風のデザインになったほか、ルーフレールも装着されるなど、SUVらしい雰囲気を強めてきたのも識別ポイントです。

500X クロスはACCや前席8ウェイのレザーパワーシート、ブラインドストップモニターなども装備。また、両グレード共通で、前席シートヒーターや、Apple CarPlayやAndroid Auto対応の7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステム、衝突被害軽減ブレーキやパーキングカメラも標準装備しています。

まずは刷新された新エンジンの走りに期待ですね。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します