サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > キャンピングカーショーでキラリと輝く軽キャンパー(特にN-VAN)に注目した

ここから本文です

キャンピングカーショーでキラリと輝く軽キャンパー(特にN-VAN)に注目した

N-VANのセンターピラーレス大開口はもはやキャンパー的絶対正義

2月1日から3日まで千葉の幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2019」に編集が取材に行ってきました。幕張メッセは1月の東京オートサロン以来でしたが、それとはまた違った若干年齢層高めのご夫婦の静かな熱視線と、犬の鳴き声が交錯する穏やかな空間が印象的でした。

さて、300台以上のキャンピングカーがずらりと並ぶ会場では、大きな海外製高級キャンピングカーや走る1LDKのようなトレーラーも目立ちますが、その中でもキラリと光る小粒なあいつ、そう軽キャンピングカーに注目して、会場を回ってきました。

そのきっかけと言えば、やはり昨年デビューした軽バン界の人気者「ホンダ N-VAN」。商用バンの利便性を追求しながらも、ホビーユースまでカバーするおしゃれ度は、軽キャンピングカーにはもってこいと言えるのでしょう。低床フロアに運転席以外がフルフラットになるシートレイアウト、パイプや棚などが簡単に取り付けできるユーティリティーナットなどをはじめ、キャンピングカーとしての資質がそもそも高いN-VANですが、何といっても今回会場で見て実感したのが、助手席側のセンターピラーレスによる大開口の破壊力です。

助手席側のフロントドアとスライドドアを開け放った大開口部のサイズは、幅1580mm、高さ1230mmで、リアゲートも同時に開ければ、その見た目は数値以上の解放感を生み出します。ホテルのふかふかのベッドを見ると、思わず飛び込んでしまいたくなりますが(そして多くは本当に飛び込みますが)、センターピラーレスドアの大開口は、そんな高揚感を生み出すアイテムだと確信した次第です。

というわけで、次ページ以降は、写真のキャプションにて気になったN-VANおよびその他の軽キャンピングカーを中心にご紹介していきたいと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します