現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?

ここから本文です
コラム 2018.8.10 レポート:大田中 秀一 / 写真:大田中 秀一

70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?
  • 70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?

インドネシアのクラウン。筆者がインドネシアで過ごした後の世代のモデル。

かつてはアジアの駐在員社会にも「いつかはクラウン」があった

あのころの駐在員のクルマと言えば「カローラ」「コロナ」「クラウン」でした。会社の事情や駐在員の数によって違いましたが、だいたいが肩書きに見合うクルマが使われます。特に大企業では“肩書き=クルマ”になっていたので、小中全校で800人ちょっとという狭い駐在員家族たちの世界では、誰の家にどのクルマがあるかをみんな知っていたものです。

特に少年たちは、“車種=だいたいの自分のお父さんの肩書き”と漠然と感じていました。カローラ、コロナくらいだとさほど差はないのですが、クラウンとなるとちょっと別格な感じがあって、「あいつん家はクラウンなんだぜ!」とか「うちのお父ちゃんもクラウン乗れるようになんないかな~」なんて具合に。やっぱり少年たちもクラウンに乗りたかったんですね。

ある日ちょっとした激震が走りました。

「こんど転校してきたあいつん家、クラウンなんだよ!」

いや、そんなにクラウン珍しくないし。

「普通のクラウンじゃないんだぜ。窓がボタンでスーッと開くんだよ、ロックも運転手がボタンでガシャンと開け閉めするんだよ! さすが大使館は違うよな~、うらやましいよな~!!」

今ではどんなクルマにも当たり前の、パワーウインドウとパワードアロックの登場でした。スーパーサルーンという、何やら高そうな雰囲気の書体のエンブレムも新鮮でした。それまで見ていたデラックスとの格の違いは明らか。それからは、「俺ん家もボタンでスーッと窓が開くクルマになんないかな~」と、クラウンよりパワーウインドウに注目が移りましたが。

そんなこんなで、アジアにいればカローラ、コロナ、クラウンの3車はどこででも見られました。クラウンは日本専用車のイメージがありますが、当時のアジアではけっこうメジャーな存在だったと記憶しています。サラリーマンのお父さんが自分で買えるこれらのクルマ、そして“上がり”としてリアシートに乗る夢を見る「センチュリー」を加えた4車のモデル名のアルファベットの頭文字を取って、“トヨタを代表する4C”と僕は勝手に呼んでいました。

トヨタ クラウンの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kdt*****|2018/08/10 11:54

    違反報告

    ダウンサイジングはわかるんだがさすがにこのクラスの車で直4メインはいかがなものか
  • ytk*****|2018/08/10 11:25

    違反報告

    新型はクラウンを名乗る、別の車。
    クラウンを無くすと、代替えする代々クラウンを乗り継いで来た年寄りが買わなくなるから、仕方なくクラウンを名乗っているが、中身はレクサスに気を遣い、カムリやプリウスとの差別化を考慮して中途半端な車になった。
    デザイン最悪、過去のクラウンの様な威厳も無く、若者からはそっぽを向かれ、トヨタの独り善がりでモデルチェンジ。
    最初は代替えで売れるが、落ち着いたら、誰も見向きもしなくなるんじゃないの?
  • pea*****|2018/08/10 11:50

    違反報告

    いっそ角型のフォーマルセダンにしちゃいな
    レクサスと差別化出来るよ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します