現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 21世紀の自動車産業革命に日本はついていけるのか?

ここから本文です
コラム 2017.1.1 レポート:清水 和夫

21世紀の自動車産業革命に日本はついていけるのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
21世紀の自動車産業革命に日本はついていけるのか?
  • 21世紀の自動車産業革命に日本はついていけるのか?
  • 21世紀の自動車産業革命に日本はついていけるのか?

写真:ロイター/アフロ

2016年のビッグサプライズはBrexitとトランプ

今年最後のコラムになった。皆さんがお読みになるのは新年だと思うが、まずは2016年に起きた想定外の出来事を思い出してみよう。政治的には英国のEU離脱とドナルド・トランプが次期アメリカ大統領に決まったことだろうか。

まあ、英国のEU離脱はなんとなく臭っていただけに想定内かもしれない。英国の田舎に住む人達は、英国が今もかつての植民地帝国であり、英国=EUではないと内心で思っているから、“偉大な英国”の復活を望むのは理解できる。産業で言えば、18~19世紀にかけ第一次産業革命が起きたのも英国だった。

一方、アメリカの大統領選挙は完全に想定外だった。日本で活躍中の自動車ジャーナリストであるボブ・スリーヴァ氏(米国)は「絶対に、絶対に、絶対にトランプ氏が選ばれることはありえない」と明言していたが、予想は見事に外れた。実業家が大統領になるのは好都合だと考える人、アメリカの保護主義を心配する人・・・まさに不安と期待が入り混じって新年を迎えている。生粋の政治家以外の人が大統領になった例といえば、ロナルド・レーガン元大統領がハリウッドスターだった。ドナルドとロナルドの一文字違いは偶然だろうか。そんなアメリカは20世紀初めにフォードが大量生産技術を確立したことで繁栄を手にしている。

18~19世紀が英国の繁栄、20世紀がアメリカの繁栄、21世紀はどこが世界をリードするだろう? ちなみにドイツは「IoT(モノのインターネット)」を使う先進的な「自動車産業インダストリー4.0」を打ち出している。産業革命は300年前に英国から始まったが、今はドイツが第4次産業革命を起こしている最中なのかもしれない。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yam*****|2017/01/01 12:57

    違反報告

    海外でEVやPHEVの普及にとんでもない障害がある事を何故言わないのか。
    世界中どこをみても、パーキングやショッピングセンターにポコポコと充電器を設置してる国なんで日本以外ないぞ。
    つまり圧倒的な治安の差がそこにはあるんだよ。
    家でやれば問題無いなんて言ってるヤツもいるが、そもそも走行距離が大陸の方が長いんだから200数キロなんてすぐだからね。
  • spt*****|2017/01/01 12:23

    違反報告

    VW事件で恥を晒した清水が未だ日本メーカーを下にみて、恥の上塗りするのか?
  • aze*****|2017/01/01 13:09

    違反報告

    イギリスのEU離脱本当に離脱すると思っていたのですかね?後だしなんてことは無いですよね!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します