現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる

ここから本文です
スクープ 2017.3.14 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる

  • みんカラ つぶやく
スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる
  • スマートed試乗。EV優先か水素優先か、世界と日本の温度差が気になる

ヨーロッパの現状では水素のスの字も無い

トヨタが咳をすると自動車産業全体が風邪を引いてしまうような状況の日本では「未来(ミライ)は水素!」と宣言されると、ホンダを始め一斉に「右へ倣え!」となる傾向にある。そんなわけでトヨタが本気を出していない電気自動車に対してアプローチをしているメーカーは少ない。まあ、ニッサン(ルノー?)はリーフで、三菱はi-MiEVで頑張っているが主流とはなっていない。

ところがヨーロッパの現状では水素のスの字も無く、ほとんどの自動車メーカーは電気自動車、それも電池を主動力源としたB-EVに注力している。そして2020年を目標にVWは100万台、メルセデス・ベンツは全製品の25パーセントなどという数字を上げてコミットしている。それはドイツ政府が2009年に掲げた2020年におけるEV普及100万台の目標を後押ししているかのような意気込みではある。

確かに、もし水素がそんなに有望でポピュラーであれば、我々のスマホの脇には電池に変わって小さな水素ボンベが付いていてもおかしくはない。とにかく欧州、ドイツではその気になればBMWはもちろん、キア、ルノー、VWでも、そしてさらにメルセデス・ベンツでもカタログを開いて直に電気自動車(B-EV)を購入する事が出来る。しかもこの国では4000ユーロ(約48万円)の補助金も利用できる(ただし6万ユーロ以下のB-EVに限る)。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • knz*****|2017/03/14 12:26

    違反報告

    この人12月にも似たような記事を書いてる。
    https://carview.yahoo.co.jp/article/scoop/20161207-20103053-carview/
    ドイツでは水素のスの字も無いってBMWのFCVや水素ステーションを2018年までに140箇所設置予定も日本でしか見れないフェイクニュースか?


  • wxx*****|2017/03/14 12:35

    違反報告

    パワートレーンからのバイブレーションはゼロじゃないし
    エンジン音の代わりにモーター音はする
    しかしガソリンエンジン車に比べて環境負荷が著しく低いことは確か
    またFCVよりEVが世界に普及することも確か
    ただ日本は日本で独自の発展の道を進めば良い
    世界に売るのはEVで日本で売るのはFCVで何の問題もない
    EVなんて誰でも作れるがFCVはそうではない
  • kus*****|2017/03/14 11:30

    違反報告

    確かに。。
    トヨタのPHEVは、EVへの移行段階のどこかでトラスミッションを外さなければならない為指摘の通りだろう。
    しかし、e-powerや、アウトランダーphevは、バッテリー容量を増やしてエンジンを外すだけ。
    ロードマップとしては、現状のインフラの整備状況に合わせていけるし、車種展開が増えて行くと部品の共有化でコストも下がってくる。
    トランスミッションのないphevか、EVレンジエクステンダー車からスタートは、間違った選択だとは思わないけどなあ。

    燃料電池が最良なら、スマホに使っているはずだは、ちょっと笑ったけど。
    重負荷のEVには有りだと思う。例えば、ステーション間移動の、長距離トラックなどね。

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します