現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 2018年度トップ10は7台が軽自動車。輸入車は11ブランドが過去最高に【マーケット概況・3月】

ここから本文です
マーケット 2019.4.19

2018年度トップ10は7台が軽自動車。輸入車は11ブランドが過去最高に【マーケット概況・3月】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月単月はマイナスも、年度では3年連続のプラスへ

年度末の最需要期を迎え、台数増が見込まれた3月の国内新車マーケット。その実際の状況はどうだったのか。日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が発表したデータから見ていこう。

まず乗用車、貨物車、軽自動車も含めた3月の新車登録台数は64万0811台に達し、前月から大幅に上昇(約34%増)したものの、前年比では4%減と3ヶ月ぶりのマイナスとなった。このところ販売をけん引していた3ナンバー乗用車(-5.6%)と、軽乗用車(-4.6%)がともにマイナスとなったのが響いた。

一方、2018年度(18年4月~19年3月)の累計台数は、前年比1.2%増の525万9587台となり、3連連続でプラス成長を果たした。登録車は微減したが、軽自動車が3.4%増と伸長し、全体の成長を支えたかたちだ。なお2018年度の国内ブランド全体に占める軽自動車のシェアは36.6%と高水準を維持している。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します