現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > アクア、ヴィッツなど好調 コンパクト市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・7月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUV:新型フォレスターが5位にランクイン

SUV/クロスオーバー市場は、7月は縮小傾向となった。前月から4482台減っており、市場シェアは16.9%と前月から2.3ポイント減少している。実際、上位モデルでも前月から台数を減らしたモデルが目立った。

首位の「トヨタ C-HR」は前月比2%減とまずまずの安定したセールスを維持したが、2位「ホンダ ヴェゼル」と3位「日産 エクストレイル」は2ケタの大幅減を喫した。期末を迎えた前月に大幅に台数を伸ばした反動もありそうだ。また、ホンダは6月上旬に新型「CR-V」の事前プロモーションを開始しており、その買い控えや様子見で市場が静観した可能性もある。なお新型CR-Vはボディサイズ的にはハリアーやエクストレイルに近い大きさとなり、競合車とシェア争いを演じることになりそうだ。

なお、5位には7月19日に発売された新型「フォレスター」がランクイン。登録が本格化すればさらなる台数増が見込めそうだ。なお、前月に5位だった「マツダCX-5」は西日本豪雨の影響で工場が一時停止や減産した結果、登録台数が減少してしまった。来月以降の盛り返しに期待したい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します