サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > カスタムの祭典に新潮流? ゴリゴリ系とオラオラ系の合間に見えたもの - 東京オートサロン

ここから本文です

カスタムの祭典に新潮流? ゴリゴリ系とオラオラ系の合間に見えたもの - 東京オートサロン

改造はヤンキー魂の炸裂だけではない

例えば――上のサムネイルにある青っぽい車の写真をクリックしていただきたいのだが、これは自動車メーカーであるスズキ自身が自社の新型ハスラーにカスタマイズを施したもの。こういったニュアンスの「カッコいい道具を作る」みたいなカスタム手法も今、けっこう流行っているのだ。

こんな感じならばぜんぜんオラオラではないので、「あら、ウチのハスラーにもちょっとやってみようかしら?」なんて思う奥さまもいるのではないか? いや、それはさすがにいないのかもしれないが、「改造=ヤンキー魂の炸裂」という単純な図式だけではないことは、この写真を通じてある程度おわかりいただけるだろう。

また車そのものや改造車に加えて「カー用品」というのも、世間一般ではダサいと思われているカテゴリーのひとつである。実際、それらは恥ずかしくて手に取りたくないほどダサいパッケージデザインであることも多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します