サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 本日発表! 新型「BMW 7シリーズ」がハイテク満載でデビュー

ここから本文です

本日発表! 新型「BMW 7シリーズ」がハイテク満載でデビュー

BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」がフルモデルチェンジを受け、10月29日から販売を開始する。今回のモデルは1977年に登場した初代から数えて6世代目。「BMWレーザーライト」や「ジェスチャー・コントロール」、「リモート・コントロール・パーキング」など、歴代モデル同様、量産車初の先進機能が惜しげもなく投入されている。

フラッグシップに相応しい存在感と先進テクノロジー

現代の高級車として不可欠な「効率」や「空力」を追求しながら、先代モデル以上の「存在感」を意識してデザインされたという新型7シリーズ。キドニー・グリルには初めて「アクティブ・エア・ストリーム」を採用し、状況によりフラップを自動開閉することで空力特性と冷却効果をバランスさせている。

量産車初のレーザーライトは、車速が約70km/hを超えると自動点灯し、LEDの約2倍に相当する最大600mまでを照射範囲とする(750iおよび750Liに標準)。また、フロントサイドの「エアブリーザー」からドア下部へ続くクローム、切れ目のないワンピース構造のウィンドウフレームなどが新しい。

ラグジュアリーかつハイテクに包まれた室内空間

液晶画面を備えた「ディスプレイ・キー」を手にドアを開けると、車内へ乗員をエスコートするように「ウェルカム・ライト・カーペット」が足元を照らす(全車に標準)。上質なナッパレザーやアルミニウムが随所に奢られたインテリアは、これまで以上にエクスクルーシブな装いだ。

タッチパネル機能や量産車初の「ジェスチャー・コントロール」を備えた新世代iDrive、スマートフォンなどのワイヤレス充電機能、6色のアンビエントライト、将来の自動運転につながるステアリング自動操舵機能を含む先進の安全技術「ドライビング・アシスト・プラス」などが、全モデルに標準装備となる。

ディスプレイ・キーの操作で車外から車庫入れ操作ができる「リモート・コントロール・パーキング」は、2016年中旬に導入予定とのこと。

その他オプション装備として、約1万5千個のライトエレメントにより6色の星空を描く「スカイラウンジ・パノラマ・ガラスルーフ」、リアシートのマッサージ機能(フロントシートは標準)、「エグゼクティブ・ラウンジ」と呼ばれる豪華仕様なども用意されている。

より上質でしなやかな乗り心地を実現

BMW iで培ったカーボンファイバー製ボディ「カーボンコア」による剛性強化と、先代モデルから最大130kgという軽量化も大きな特徴になる。また、足回りやドアに加え、BMWとして初めてトランクリッドにもアルミニウムを採用して軽量化を進めた。

足回りには電子制御式ダンパーに加え、フロントとリアの両軸にセルフレべリング機能付きのエアサスペンションや、ステレオカメラが道路の凹凸を検知して継続的に適切なサスペンション制御を行う「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」を採用し、より上質でしなやかな乗り心地を実現しているという(全モデルに標準)。

パワートレインもブラッシュアップ

日本に導入されるパワートレインはひとまず2種類。3.0リッター直6ターボ(最高出力326ps/最大トルク450Nm)と4.4リッターV8ターボ(同450ps/650Nm)はさらなる効率化が図られたほか、直6ターボは従来から6psの出力アップも実現した。トランスミッションは8速AT。ECO PROモードは全モデルに採用されている。

2.0リッター直4ターボと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド仕様は、2016年に導入される予定。EV走行は最長40kmを実現しているという。

グレードならびに価格

740i=1,217万円
740i M Sport=1,288万円
740Li=1,346万円
740Li M Sport=1,432万円

750i=1,485万円
750i M Sport=1,537万円
750Li=1,649万円
750Li M Sport=1,701万円

次のページ>>スペック例

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します