サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 米フォード、新型エクスプローラー初となる高性能版STを発表 ハイブリッドの設定も

ここから本文です

米フォード、新型エクスプローラー初となる高性能版STを発表 ハイブリッドの設定も

米フォードは1月14日、デトロイトモーターショーで発表された新型「エクスプローラー」に、シリーズ初となる高性能版の「エクスプローラーST」と、航続距離800km以上を実現した「エクスプローラー ハイブリッド」を設定すると明らかにした。

エクスプローラーとして初めてハイパフォーマンスレンジ「ST」の名を冠するモデルとなるエクスプローラーST。エンジンは最高出力400hp、最大トルク563Nmを発生する3リッター エコブーストV6を搭載。10速ATを介して4輪を駆動し、最高速度は約230km/hとなる。

エクステリアは、ブラックアウトされたフロントグリルやルーフレールで高性能をアピール。インテリアもフラットボトムのステアリングホイールやレザーバケットシートなどスポーティな装備が採用される。さらにオプションパックを選択すれば、21インチホイールやアップグレードされたブレーキシステムなどが装着可能だ。

フォードは、エクスプローラー史上最もパワフルな心臓部を得たエクスプローラーSTで、ハイパフォーマンスSUV市場へ打って出る構えだ。

一方のエクスプローラー・ハイブリッドは、3.3リッター自然吸気V6ユニットにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。システム総合出力は318hpとなる。広大な国土の米国では1回の給油による航続距離が重視され、エクスプローラー ハイブリッドの後輪駆動モデルではガソリン満タンで800km超を誇る。

また、液冷タイプとなったリチウムイオンバッテリーパックは2列目シート下に搭載し、荷室スペースを犠牲にすることなく、高効率化を実現している。ほかに、アクティブノイズキャンセリングシステムや14スピーカーのB&Oサウンドシステムなど快適装備も多数装着されている。

2016年9月にフォードが日本市場を撤退してから2年半が経とうとしているが、その後も本国では商品力を高め、進化を重ねている。いつかまた日本でその姿を見られることを期待したいところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します