サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ノート、セレナがe-POWERを武器に首位獲得【ボディタイプ別売れ筋・6月】

ここから本文です

ノート、セレナがe-POWERを武器に首位獲得【ボディタイプ別売れ筋・6月】

ミニバン:セレナが首位に返り咲く

ミニバン部門は計5万7433台を登録。市場シェアは26.5%で前月よりわずかに減少したものの、ほぼ同水準といっていいレベルだ。トップ5の顔ぶれが変わらないなか、もっとも存在感を発揮したのは「日産 セレナ」。前月比3割強と他を圧倒する伸び率をみせ、6月は首位に返り咲いた。

これでセレナは2ヶ月連続で順位アップを果たしたことになる。直近では改良は行なっていないが、電動駆動車「e-POWER」が販売全体の約1/3を占めており、ユーザーの心を掴んでいる模様だ。2位は「トヨタ シエンタ」。順位の入れ替わりはあったものの、ランキング上位モデルの台数差は拮抗しており、十分に逆転を狙えそうだ。

3位「ホンダ フリード」も、シエンタにわずか112台差まで迫り、競争力を発揮した。なお、フリードは今年9月で現行モデルのデビューから丸3年となるので、そろそろマイナーチェンジが近いかもしれない。4位は「トヨタ ヴォクシー」。2ヶ月連続でライバル、セレナの後塵を拝しており、今後の情勢に注目が集まる。5位にはこのところコンスタントにトップ5入りを果たしている「トヨタ アルファード」が入った。

【 日産 セレナのその他の情報 】
日産 セレナの中古車一覧
日産 セレナのカタログ情報
日産 セレナの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ