サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ 次世代ハイエースの豪華版・グランエースを東京モーターショー2019で初披露

ここから本文です

トヨタ 次世代ハイエースの豪華版・グランエースを東京モーターショー2019で初披露

海外では5月に「グランビア」の車名で登場した乗用フルサイズワゴンが、国内では年内に「グランエース」として発売されます。また販売に先立ち、10月23日から開催される東京モーターショー2019のトヨタ車体ブースにおいて展示が行われます。

海外版の新型「ハイエース」をベースとするグランエースのボディサイズは、全長5300×全幅1970×全高1990mm、ホイールベースは3210mmで、3列シート6人乗りと、4列シート8人乗りの2タイプを設定。セカンドおよびサードシートの4席には本革キャプテンシートを採用し、ロングスライドやオットマン機構で快適性を高めました。

ブラックを基調としたインストルメントパネルは、エアコン吹き出し口に金属調の、助手席正面には木目調の加飾を施すなど上質感を表現。後席ではフロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾と、加飾に沿って灯されるLEDイルミネーションによって、華やかでありながら落ち着きのある空間演出が意図されています。

FRレイアウトに搭載されるパワートレーンは2.8Lディーゼルターボと6速ATの組み合わせ。リアの足回りには新開発のトレーリングリンク車軸式サスペンションを採用し、環状骨格構造などで高められたボディ剛性と相まって、高級ワゴンにふさわしい乗り心地や操安性、静粛性を実現したそうです。運転支援システムは、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の「トヨタ セーフティ センス」を装備しました。

観光業やビジネスの送迎用などとして使用される法人需要が中心と思われますが、「ファミリーユースにも期待しています」と担当者は語ります。他の国産ミニバンを圧倒するボディサイズ、大型グリルとヘッドランプがかもす押し出しの強さは、このクラスの需要層にしっかりとアピールできそうな予感。アルヴェルの兄貴分としてどこまで存在感を増してくるのでしょうか。

【東京モーターショー2019の情報はコチラ】
東京モーターショーで見るべきクルマとコンパニオンは?人気ランキング
世界初公開モデルをチェック!クルマ一覧
バイク&ショーの見どころ紹介コラム一覧
ショーの華をイッキ見!コンパニオン一覧

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します