サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル、東京モーターショー2019の注目は新型「レヴォーグ」と最後のEJ20型エンジン搭載車

ここから本文です

スバル、東京モーターショー2019の注目は新型「レヴォーグ」と最後のEJ20型エンジン搭載車

SUBARU(スバル)は、10月24日(木)から11月4日(月・祝)にかけて開催される第46回東京モーターショー2019への出展内容を発表しました。

その一番の目玉は、世界初公開となる新型「レヴォーグ」のプロトタイプ。2014年に登場したレヴォーグ初のフルモデルチェンジとなります。

新型レヴォーグ プロトタイプは、スバルの最新技術が投入され、レベルアップした自動運転技術が搭載されると見られています。

そんな未来的な新型レヴォーグに続いて登場するのは、EJ20型水平対向エンジンを搭載する「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」のプロトタイプ。

初代レガシィの時代からWRCはじめコンペティションの世界でも名を馳せた名機EJ20型もついに2019年中に生産終了となる予定で、それに伴いEJ20型を搭載する国内市場向けの現行型WRX STIも、2019年末をもって受注終了となります(海外向けのEJ25型は継続生産予定)。

そんな現行型WRX STIの集大成となるEJ20 ファイナルエディションは、限定555台(!)の特別仕様車で、抽選販売を予定。

その機能、装備はSシリーズに迫るもので、高精度のバランス調整を施したバランスドエンジンやゴールド塗装のBBS製19インチ鍛造アルミホイールをはじめ、6ポットシルバーブレーキキャリパー、チェリーレッドピンストライプなどを装備。オプションでレカロシートも用意されます。

他にも、10月発売予定でアイサイト・ツーリングアシストを全グレード標準装備とした「インプレッサ スポーツ 2.0i-S アイサイト」のビッグマイナーチェンジ版と、同じくアイサイト・ツーリングアシストを標準装備した「XV アドバンス」、市販版の「フォレスター アドバンス」を展示。

マイルドハイブリッドのe-BOXER を搭載するXV アドバンスは、10月に廃止される2.0リッターエンジン搭載グレードのポジションを担う予定で、お買い得グレードを含む複数グレードが投入されるといいます。

さらに、コンセプトモデルとして、今年のジュネーブショーで公開された「VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を日本初公開。“BORDER”と名付けられた今後のスバルデザインの方向性を示します。

【東京モーターショー2019の情報はコチラ】
東京モーターショーで見るべきクルマとコンパニオンは?人気ランキング
世界初公開モデルをチェック!クルマ一覧
バイク&ショーの見どころ紹介コラム一覧
ショーの華をイッキ見!コンパニオン一覧

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します