サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 2019年トップはN-BOX。CX-30、マツダ3効果でマツダが前年比プラス【マーケット概況・12月】

ここから本文です

2019年トップはN-BOX。CX-30、マツダ3効果でマツダが前年比プラス【マーケット概況・12月】

消費増税の影響で2019年新車販売は3年ぶりマイナス

消費増税した10月以降、トーンダウン気味の新車マーケット。2019年最後を締めくくる12月の新車販売はどうだったのか? 2019年全体の販売状況とあわせて見ていこう。

まず登録車(商用車含む)は、前年比9.5%減の22万6951台で3カ月連続のマイナスとなった。普通乗用車(3ナンバー車)、小型乗用車(5ナンバー車)、普通商用車(1ナンバー車)、小型商用車(4ナンバー車)のいずれもマイナスで、増税の影響を大きく受けた。だが、前月に比べるとマイナス幅は縮小しており、このまま回復に向かうのか注目される。

軽自動車は全体で13.7%減の11万7924台だった。乗用車、商用車ともにマイナスで、乗用車は前月からマイナス幅が拡大、商用車は改善に向かった。乗用車は前月に車種別ランキングで首位となった「ダイハツ タント」が前月比約62%減と急降下したのが響いたようだ。

なお2019年全体の新車登録台数は、前年比1.5%減の519万5216台となり、3年ぶりにマイナスに転じた。登録車は同1.9%減の328万4870台で2連続のマイナス。軽自動車は0.7%減の191万0346台で3年ぶりの前年割れとなった。消費増税や台風被害による需要の落ち込みにより、年の後半に台数が減少したことが要因に挙げられる。それでは順にマーケットの動きを追っていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ