サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MC版プラドに試乗。見た目はイマ風になっても懐かしのクロカン四駆風味が残る

ここから本文です

MC版プラドに試乗。見た目はイマ風になっても懐かしのクロカン四駆風味が残る

懐かしの“クロカン四駆”風味

エンジンを始動、ゼロ発進のトルク感は力強い。最近のすこぶるスムーズなディーゼルエンジンに慣れた身には特に驚きは感じないものの、音や振動は充分に抑えられている。変速ショックをきれいに消した6ATのおかげもあって、走行感覚は実に滑らか。余談だけれど、オートマチックトランスミッションはサッカーのレフリーと同じで、優秀になればなるほど存在感が薄くなる。

3列シートだし、パワートレーンはスムーズだし、これはミニバン嫌いのオトーサンのためのSUVではないか、という思いは、試乗会場付近の舗装が荒れた路面を走ると「ちょっと待てよ」に変わる。ハーシュネス(路面からの突き上げ)が強いというわけではないけれど、常に揺さぶられているような印象を受けるのだ。ぶわんぶわん。最近のシティボーイ化したSUVに比べると、懐かしの“クロカン四駆”風味が残っている。

コーナリングやレーンチェンジも、身を翻すように軽やかに、というわけにはいかない。さすがにステアリングホイールを切ってからワンテンポ遅れるようなことはないけれど、「よっこらしょ」と声を出したくなる誘惑には駆られる。ただし、これはプラドに非があるわけではない。最近は乗用車のように走るSUVが増えて、自分も「まるでスポーツカーのような回頭性」などと書いてしまう。けれどもプラドは、そもそも乗用車ライクな操縦性や快適性を狙って作られてはいないのだ。

いまだに堅牢なフレーム構造を採ることからもわかるように、本来の持ち場は山とか現場。街で履くために作られたお洒落なトレッキングシューズではなく、本物の登山靴なのだ。街を走ると、多少ごわごわするのは当然だろう。トヨタの開発スタッフも、「プラドには最もレベルの高い悪路走破性能を与えたうえで、そこから可能な限り快適性などを上げるように作っている」と明言していた。事実、試乗会場内に特設されたオフロードコースで、プラドは見事な性能を披露した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します