サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 両側スライドドアを採用したスズキの新型軽「ワゴンR スマイル」登場。ライフスタイル寄りデザインを写真でチェック

ここから本文です

両側スライドドアを採用したスズキの新型軽「ワゴンR スマイル」登場。ライフスタイル寄りデザインを写真でチェック

ワゴンRをベースにスライドドアを採用した新モデル

2021年8月27日、スズキの新型軽自動車「ワゴンR スマイル」が発表されました。

コロっとかわいい雰囲気のスマイル、そのベースとなった「ワゴンR」はリアドアがヒンジ式ですが、スマイルはスライド式なのが最大の特徴です。スーパーハイトワゴンの「スペーシア」を除くと、スズキの軽自動車では初のスライドドア採用モデル。他社の軽ハイトワゴンでスライドドアを採用している例としては「ダイハツ ムーヴキャンバス」があります。

3グレード構成でベースグレード以外は両側パワースライドドア

ワゴンR スマイルは3グレード展開。下のグレードから並べると…
・G | 非ハイブリッド | FF/4WD | 129万6900円~
・ハイブリッド S | マイルドハイブリッド | FF/4WD | 147万2900円~
・ハイブリッド X | マイルドハイブリッド | FF/4WD | 159万2800円~

フォルムは水平基調のキャビンとボディのシンプルな構成で、エッジの角が丸められ、上質感やディテールのこだわりを表現。ヘッドライトはハイブリッド XがLEDで(他はハロゲン)、Xはライトの周囲を縁取るデイタイムランニングライトも装備。リアは全グレードがLEDとなっています。

両側パワースライドドアはG以外に標準装備。ちなみにホイールは全グレードでスチールですが、アルミホイールを思わせる質感高めの樹脂キャップを装着。カラフルなボディカラーが揃うのもスマイルの特徴で、ルーフが別色となるツートーンを含めると12色が設定されます。

高い着座位置で開放感ある前席、ワゴンRと基本共通の後席&荷室

ホイールベースや後席のヒップポイント、5:5の分割可倒機能、左右独立スライド機構、フルフラット機能などはベースのワゴンRと共通ですが、ワゴンRより+45mm全高が上げられ(全高1695mm)、前席のヒップポイントは70mmも高くなっています。

これは前席周りの空間のみ、スペーシアをベースに設計されているからで、細いフロントピラーや低いワイパーの装着位置と相まって、前席にすわった時の見晴らしの良さにもつながっています。また、光沢のあるカラーパネル(ベースグレードを除く)や銅色の縁取り加飾、シンプルながらマルチインフォメーション画面を組み込んだ単眼メーター、お洒落家具調のファブリック生地などでこだわりを演出しています。

ベースモデル以外は全車速対応ACCも標準装備。男性ユーザーは?

先進安全機能のスズキ セーフティ サポートは全グレードに標準装備。全車速対応ACCやヘッドアップティスプレイ、標識認識機能などはハイブリッドS/Xに標準装備となります。また、サイド&カーテンを含む6エアバッグも装備し、安全性を高めた新規格のi-Size適合チャイルドシートも設置可能です。

ちなみにスズキの調査では軽ワゴン購入を検討する層の4割にスライドドアの潜在ニーズがあるとのことで、今後はスーパーハイトワゴン以外の車型にも市場が広がりそう。メインの想定ユーザーは女性ということですが、シンプルでいながら質感高めという存在感は、カスタム系の強面デザインに抵抗を感じる一部男性にも見込みがありそうな気がします。ワゴンRスマイルの今後のセールスに注目です。

【 スズキ ワゴンRのその他の情報 】
スズキ ワゴンRのカタログページを見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら