サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > CX-8が最高得点を獲得 平成29年度自動車アセスメント結果発表

ここから本文です

CX-8が最高得点を獲得 平成29年度自動車アセスメント結果発表

国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月31日、平成29年度(2017年度)の自動車アセスメントの結果を発表しました。自動車アセスメントとは、クルマの安全性能の評価とその結果を公表することで、クルマを購入するユーザーが安全なクルマ選択することができるように、またメーカーがより安全なクルマの開発を促進するために1995年から実施されているものです。

安全性能の評価は「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」があります。衝突安全性能の評価は、乗員保護性能評価(100点満点)、歩行者保護性能評価(100点満点)、シートベルトリマインダー評価(8点満点)の合計208点満点から5段階で評価を行います。予防安全性能の評価は、衝突被害軽減ブレーキ装置(対車両32点、対歩行者25点の57点満点)、車線逸脱抑制装置(16点満点)、後方視界情報装置(6点満点)の合計79点満点で、79点中12点以上になると先進安全車プラス(ASV+)として認定され、46点以上になると先進安全車ダブルプラス(ASV++)として認定されます。

今回、衝突安全性能評価を実施したのは乗用車10車種、軽自動車5車種の計15車種。予防安全性能評価を実施したのは乗用車14車種、軽自動車6車種の計20車種です。

衝突安全性能評価における獲得点数上位は以下のようになりました。

<乗用車部門>※いずれも208点満点
1位 マツダ CX-8 193.9点
2位 マツダ CX-5 187.3点
3位 トヨタ C-HR 185.8点
4位 トヨタ JPN TAXI 182.9点

<軽自動車部門>
1位 ホンダ N-BOX 184.1点
2位 ダイハツ ミライース 165.7点
3位 スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー 163.0点
4位 ダイハツ ムーヴ キャンバス 160.5点

予防安全性能評価における獲得点数上位は以下のようになりました。

<乗用車部門>※いずれも79点満点
1位 マツダ CX-8 79.0点
日産 ノート 79.0点
3位 マツダ CX-5 78.5点
4位 ホンダ シビック 78.4点

<軽自動車部門>
1位 ホンダ N-BOX 76.6点
2位 ワゴンR/ワゴンRスティングレー 58.9点
3位 ミラ イース 57.2点
ムーヴ/ムーヴカスタム 57.2点

衝突安全性能評価、予防安全性能評価のどちらにおいても、乗用車ではCX-8、軽自動車ではN-BOXが最高得点をマークするという結果となりました。ちなみにこれまでに評価されたクルマで高得点をマークしたのは、衝突安全性能評価ではスバル インプレッサ/XVの199.7点、トヨタ クラウン アスリート/クラウン ロイヤルの189.7点、スバル レガシィの188.8点で、予防安全性能評価では日産 セレナの71.0点、マツダ アクセラの70.5点、スバル インプレッサ/XVの68.9点(いずれも2016年基準の71点満点より)となっています。

結果は自動車事故対策機構のHPから見ることができます。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します