サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 見た目は古い戦艦だけど中身は宇宙船という「宇宙戦艦ヤマト」のような新型ロンドンタクシーは成功するか?

ここから本文です

見た目は古い戦艦だけど中身は宇宙船という「宇宙戦艦ヤマト」のような新型ロンドンタクシーは成功するか?

最新のロンタクはマクラーレンのような工場で作られていた!?

新年早々、黒船の如きクルマがタクシー界に到来しました。その名も1月に発表、2月から日本で予約注文を開始した新型ロンドンタクシー「TX」! ロンドンタクシー(以下ロンタク)と言えば、戦前から英国の首都で使われているタクシー専用車両で、中でも1958年に作られ、40年近く使われたオースチンFX4は背高ノッポのずんぐりむっくりフォルムで日本人にもお馴染みです。

かたや新型TXですが、一見アニキ分の進化版ですが、全然違います。言わば見た目は古めかしい戦艦だけど中身は宇宙船という「宇宙戦艦ヤマト」のような出来なのです。

外板は樹脂で、骨格はすべてアルミ素材のそれも溶接なしのリベット&接着剤留め。駆動は100%モーターで、搭載する1.5L直3エンジンはボルボ製で完全に発電用。なんと31kWhのピュアEV並みの巨大リチウムイオン電池を搭載し、フル充電から130kmもEV走行が可能な、イマドキのレンジエクステンダーEVです。

なぜならそもそもロンタクを作っていたLTI(London Taxi International)社はその後ボルボのオーナーでも有名な中国のジーリー・ホールディングスに買われて、2017年にLEVC社へ改名。London EV Companyの略であり、いきなりモダンでハイテクなEV専業の商用車メーカーへと生まれ変わったのです。

実は小沢もLEVCの英国コベントリー工場に行ったことがありますが、まるでマクラーレンのような製作工程にビックリ。臭い溶接マシンは一切なく、まさにスーパーカーのような高品質素材と工程で作られていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します