サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 4月を上回る厳しさ。スバルと三菱はレクサスの後塵を拝する【マーケット概況・5月】

ここから本文です

4月を上回る厳しさ。スバルと三菱はレクサスの後塵を拝する【マーケット概況・5月】

軽と輸入車は過去最高の落ち込み

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている国内新車マーケット。4月は前年比28.6%減だったが、5月は前年比44.9%減とさらにマイナス幅が拡大、コロナ禍以降、もっとも厳しい水準となった。

登録車は、前年比41.8%減の12万3781台。このうち普通乗用車(3ナンバー車)については、前年比50%減の5万9649台と前年の同じ時期に比べて半減している。小型乗用車(5ナンバー車)は31.4%減の6万4132台。「トヨタ ヤリス」や「ホンダ フィット」といったニューモデルの新型車効果のおかげで3ナンバー車に比べると落ち幅は少なかった。

一方、軽乗用車は55.9%減の5万0623台と前年同月に比べて半分以上落ち込んでおり、深刻な状況。また、輸入車も過去最高のマイナス幅となるなど、ウイルスまん延に伴う生産および営業活動の縮小は市場全体に大きなダメージをもたらした。

次にブランドごとに販売状況を見ていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ