サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > SUVも4ドアも作らない…英マクラーレンはなぜランボやフェラーリとは違う道を行くのか?

ここから本文です

SUVも4ドアも作らない…英マクラーレンはなぜランボやフェラーリとは違う道を行くのか?

マクラーレンのモデル構成は3本柱×3種のバリエーション

2019年5月15日、マクラーレンからニューモデルの「GT」が発表された。3本柱であるアルティメットシリーズ、スーパーシリーズ、スポーツシリーズのどれにも属さない独立モデルがマクラーレンファミリーに加わることは3月のジュネーブショーでも予告されていたが、こんなにも早いとは。

最近のマクラーレンの動きは活発で、今年だけでもアルティメットシリーズのセナに「セナGTR」が追加され、スポーツシリーズとして「600LTスパイダー」も加わった。昨年はスーパーシリーズに「720Sスパイダー」が、アルティメットシリーズとして10月に「スピードテール」も追加されている。

なぜ立て続けに出すのか? モデルラインアップやマクラーレンのブランド戦略について首脳陣に聞いた。

マクラーレンはモデル展開のカテゴリーを9つに分けている。まず、少量生産&超高額で革新的技術を注ぎ込んだアルティメットシリーズ。すでに完売してしまった「P1」がその中心だ。そして、マクラーレンの軽量&高性能を普段使いできるようにしたスーパーシリーズがあり、その中心は「720S」だ。さらに、マクラーレンの世界をもっとも身近にするモデルとしてスポーツシリーズがあり、その中心は「570S」だ(…と言っても乗り出し価格は3000万円に迫るが)。

このアルティメット・スーパー・スポーツのシリーズ展開はマクラーレン好きなら理解しているはずだが、その先がある。それぞれのシリーズにサーキット走行を強く意識したトラック系と、一般道を意識したグランドツーリング系(GT系)があり、3×3で9カテゴリーとなるのだ。

例えばアルティメットシリーズはP1がノーマル、トラック系が「セナ」で、GT系が「スピードテール」だ。スポーツシリーズは570Sがノーマルで、トラック系が「600LT」、GT系は「570GT」。今のところスーパーシリーズはノーマルの720Sのみだが、明言はしなかったものの今後の展開は想像がつく。9つに細分化された乗り味で、顧客のニーズに応えようとしているわけだ。

そしてこの9つのカテゴリーを基本に、各モデルにスパイダーが設定され、セナには「セナGTR」が追加された。しかし、今回発表されたマクラーレンGTは、これらに属さないモデルとして登場する。マクラーレンは2018年7月の段階で、25年までに18モデルを追加し、スポーツとスーパーシリーズは100%ハイブリッドになると発表しているが、これはその「トラック25」とばれる事業計画であり、その第1号がスピードテールから始まっているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します