サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW M5がモデルチェンジ 歴代モデル初の4WDはFRにも変身する

ここから本文です

BMW M5がモデルチェンジ 歴代モデル初の4WDはFRにも変身する

リミッターを外せば305km/h超

ビジネスサルーンでありながらサーキットも楽しめるというコンセプトを初代から守り続ける「BMW M5」が新型となって登場だ。BMWのハイパフォーマンスモデルに与えられる「M」ファミリーに相応しいエンジンは4.4リッターV8ツインターボで、その最高出力は600hp、最大トルクは750Nm。トランスミッションは素早いシフトチェンジが可能な8速Mステップトロニック。0-100km/h加速3.4秒、0-200km/h加速11.1秒で駆け抜ける。最高速は250km/hで作動するリミッターを外せば305km/hに達するという。

FR固定が可能な4WDシステム

さらに新型M5におけるトピックは駆動システムにある。BMWといえばFRのピュアなハンドリングというイメージも強いが、歴代M5として初めて4WDシステム「M xDrive」が与えられた。さらにユニークなのは、ドライビングモードが4WD/4WDスポーツ/2WDと用意されていること。4WDでありながらFR固定が可能で、サーキットではドリフトが楽しめるという。

サスペンションも電子制御によって多様な顔を表現。スポーツ/スポーツプラス/コンフォートと3モードから選択できるVDC(バリアブル・ダンパー・コントロール)システムを採用。このドライビングモード選択は、エンジン、トランスミッションなどを統合的にコントロールする上、さらに自分なりの組み合わせをメモリーしておくこともできる。

カーボンルーフにセラミックブレーキで軽量化

いかにもアグレッシブな外観では、重心高を下げる超軽量カーボンルーフが特徴。19インチホイールの内側には、フロントに6ポットブレーキキャリパーが確認できる。オプションとしてカーボンセラミックブレーキが用意されているのも、このクラスのスーパースポーツとしては当然の設定といえる。

タイヤ&ホイールサイズは、スタンダードがフロント275/40R19(ホイール9.5Jx19)、リア285 /40R19(同10.5Jx19)。オプションとして、フロント275/35R20(9.5Jx20)、リア285/35R20(10.5J×20)のインチアップ仕様が設定される。

本国での発売スケジュールは、2017年9月からオーダー開始、納車は2018年春。メーカー希望小売価格は11万7900ユーロ(およそ1520万円)となっている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します