サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ベッカムも乗っていた!エスカレードを写真で

ここから本文です

ベッカムも乗っていた!エスカレードを写真で

■アメリカンドリームの象徴

キャデラックSUVの頂点に君臨するのが、孤高のフルサイズSUV=エスカレード。全長5140mm×全幅2010mm×全高1910mmという他を圧倒するボディや6.2リッターのV8ボルテックエンジン、ラグジュアリーな内外装、そして929万2500円というプライスタグなど、その全てのスケールが大きいエスカレードは、まさにアメリカンドリームの象徴だった。ハリウッドスターをはじめとした有名人にも所有者は多く、LAギャラクシー(米のプロサッカーチーム)に所属していた時のデビッド・ベッカムの愛車としても知られる。

日本市場には、GMではなく三井物産オートモーティブを通じて正規輸入。このあたりはプラットフォームを共有するシボレー・タホと同じだ。ちなみに直接的なライバルには、フォードのリンカーン・ナビゲーター(全長5295mm×全幅2035mm×全高1995mm)の名が挙げられる。

■409馬力の豪快&豪胆エンジン

エスカレード専用にチューンされた6.2リッターV8は、オールアルミ製で可変バルブタイミング機構も採用。409ps/57.6kg-mの突出したパワーは、アクセルペダルを浅く踏み込んだだけでその片鱗を感じられる。それもそのはずで、最大トルクの90%は2400rpmという低回転域から発生するのだ。組み合わされる6速ATは、ステアリング脇から生えるコラムシフトタイプ。

高級家具を思わせるインテリアは、装備も充実。全席が本革仕様のシートは、1・2列目にヒート&クール機能。2列目は電動の折りたたみ機構を備え、3列目へのアクセスを容易にしている。そのほか電動リアゲートやサンルーフ、BOSE社製サウンドシステムなども備わる。

■ハイブリッド仕様も

エスカレードには、ハイブリッド仕様もラインナップ(北米&中国向け)。搭載するGM・BMW・ダイムラークライスラー(当時)の3社で共同開発した2モードハイブリッドシステムは、6.0リッターV8に低速域用と高速域用の2種類のモーターを組み合わせたもの。気筒休止システムや回生ブレーキ、アイドルストップ機構などの効果で、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで8.5km/リッターをマークするという。

破産法適用の可能性もあるほどの険しい道のりを歩んでいるGMだが、今後も引き続き有力な市場と見込まれている中国では好調をキープ(09年3月販売台数=前年同月比で約25%増の13万7004台)。先日行われたオート上海でも、合計37モデルを出展するなど気合い充分だった。2011年に市販化予定のシボレー・ボルトを筆頭とするハイブリッドモデルや開発が遅れていたコンパクトモデルの積極投入で起死回生なるか!? 期待しながら、今後の推移を見守っていきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します