サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ランボルギーニ、ウラカンのオフロード仕様のコンセプトカー「ウラカン ステラート」を初披露

ここから本文です

ランボルギーニ、ウラカンのオフロード仕様のコンセプトカー「ウラカン ステラート」を初披露

伊ランボルギーニは6月4日、スーパースポーツ「ウラカンEVO」をオフロードテイストに仕立てたコンセプト「ウラカン ステラート」を発表した。

640hpの5.2リッターV10をミッドに積むウラカンEVOをベースに、オフロードカーを製作する。そんな荒唐無稽にも聞こえるアイデアを実車に落とし込んだコンセプトがデビューした。

棲息地をトラックからラフロードに変えるにあたって、ランボルギーニはベース車両のLDVI(Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata)と呼ばれる統合制御システムを、オフロードでのトラクション確保に向けて設定変更。さらに、ボディには悪路に対応するバルーンタイヤを収めるべく、精悍なブラックのオーバーフェンダーが取り付けられ、フロントバンパーとルーフにはLEDライトが追加されている。

もちろん、ランボルギーニ自ら手がけたモデルだけに、オフロード性能は本格的。ロードクリアランスは47mmもアップされ、フロントのアプローチアングルは1%、リアのデパーチャーアングルは6.5%それぞれ拡大された。また、障害物が転がる路面をハイスピード走行することも想定されるだけに、アンダーボディのプロテクションが強化されたほか、リアにはディフューザーとしても機能するスキッドプレートが取り付けられている。

「ウルス」でSUVのエキスパートとしても認知されたランボルギーニだが、実はオフローダーの開発は雄牛の血に脈々と流れる伝統の一部。ウルスのデビューにあたり盛んに引用されたオフローダー「LM002」だけではなく、さらに時代を遡る1973年に「ハラマ・ラリー」、翌1974年には「ウラッコ・ラリー」という具合に、ランボルギーニは当時のスーパーカーをベースにしたラリーカーを立て続けにリリースしているのだ。

その文脈では、ウラカン ステラートの開発は必然とも解釈することができ、ウェッジシェイプのランボルギーニ然としたボディにワイルドな足回りの組み合わせも話題を呼ぶことは間違いない。今回、実車の販売について言及はないが、台数限定でも市販を望みたい1台だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します