サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボディはぶつけて当たり前だし洗車なんかしません パリで見たクルマの正しい使い方!?

ここから本文です

ボディはぶつけて当たり前だし洗車なんかしません パリで見たクルマの正しい使い方!?

クルマは道具です。

パリMSでフランスにやってきた編集K、パリ市内のクルマを観察してみました。そこで気がついたのはフランスにおけるクルマは「完全な道具」であるということ。ほとんどのクルマは洗車されておらず、ボディはどこかにぶつけたような傷が多数あり、クルマをピカピカにして大事にする日本(編集K含む)では考えられないような使われ方をしています。

それを見ることができるのが路上駐車です。パリ市内は建物の規制が多いので、日本のように平置きの駐車場を作ることは容易ではなく、地下駐車場もしくは路上駐車になります。駐車料金は様々なようですが、大きく分けると地下駐車場より路上駐車のほうが安いため、道路は常に路上駐車で溢れかえっています。そんなことから少しでも停められそうな場所があれば多少ぶつかろうとも停めます。なのでボディは傷だらけだし、お財布のヒモが硬めのフランス人は直しません。

日本ではクルマがステイタスや趣味趣向の象徴になったりしますが、フランスではほぼならないようです。見かけるクルマは汚れたままで傷だらけ。全く気にしていないようです。もちろん極稀にキレイなクルマもいます。

その一方でカスタムされているのをよく見かけたのがバイクです。マフラーを交換しているバイクは多く、街中に快音を響かせていました。またクルマではあまり見かけることのないスポーツ系モデルも多数見かけました。

さて、そんな光景を写真に収めてきましたので、フォトにてお楽しみください。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します