サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ノートなどが好調も5ナンバー車は苦戦。輸入車8月としては過去最高【マーケット概況・8月】

ここから本文です

ノートなどが好調も5ナンバー車は苦戦。輸入車8月としては過去最高【マーケット概況・8月】

8月の輸入車は22年ぶりに過去最高を記録

8月の外国メーカーの輸入乗用車販売は、前年比2.2%増の2万1232台で2ヶ月連続のプラスとなった。また8月実績としては22年ぶりに過去最高を記録した。

販売好調の一因としては、クリーンディーゼル車やSUVの人気が挙げられる。8月のクリーンディーゼル車の比率は22.4%で、前年比で0.5ポイント上昇している。こうした動きを受け、フォルクスワーゲンは8月末にSUV「ティグアン」にクリーンディーゼル車を追加し、さらに近々7人乗りミニバンの「トゥーラン」にもクリーンディーゼル車を追加することを発表した。

ブランド別では、メルセデス・ベンツが42ヶ月連続で首位を維持。2位にはフォルクスワーゲンが3ヶ月ぶりにBMWを抜き、3位から浮上してきた。フォルクスワーゲンは新型「ポロ」が台数を稼ぎ、前年比19%増を達成した。4位はアウディ、5位には8月単月で過去最高を記録したBMWミニが入った。