サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス・ベンツ、新型GLAを本国で発表。よりワイド&トールになりSUVらしさを前面に押し出した

ここから本文です

メルセデス・ベンツ、新型GLAを本国で発表。よりワイド&トールになりSUVらしさを前面に押し出した

独メルセデス・ベンツは12月11日、コンパクトクロスオーバー「GLA」にフルモデルチェンジを実施し、新型をインターネット上で初披露した。

ベールを脱いだ2代目GLAは、事前の予告で示唆されていたとおり、ラギッドな雰囲気のエクステリアに進化。ディメンションを先代と比較すると4,410mm(-14mm)×1,834mm(+30mm)×1,611mm(+104mm)で、全長をやや縮めた一方、よりワイド&トールになっている。先代は1.5メートルという低い全高がもたらすスポーティなルックスが売りだったが、新型では一転SUVらしさを前面に押し出してきた格好だ。

もちろん、ハイトを確保したのは外観上の理由からだけではない。多くの立体駐車場へ入らなくなったのは残念だが、10センチ以上高められた全高によるヘッドルームの余裕は、室内の快適性を格段にアップ。さらに、全長が短縮されたにもかかわらず、オーバーハングを削ることでホイールベースは逆に30mm延長、その結果、後席のレッグルームは10センチ以上拡大している。リアシートの居住性は先代の数少ないウィークポイントだっただけに、新型GLAは全方位に訴求力を高めた印象だ。

パワーユニットはエントリーグレードの「GLA200」が163馬力/250Nmの1.3L直4ターボ。モアパワーを望む向きにはAMGが手を入れた306馬力/400Nmの2.0L直4ターボを積む「GLA35 4MATIC」が用意される。ディーゼルなどその他のユニットは追って加わる見通しだ。組み合わされるトランスミッションは7速(AMGは8速)DCTとなる。

インテリアは2枚の液晶モニターを使ったフードレスのインパネや、タービンスタイルのエアコン吹出口などが特徴のAクラスファミリー共通デザイン。もっとも、着座位置はAクラスに比べ15センチもアップしており、SUVらしい高い視線でのドライビングが可能だ。安全装備もドアオープン時のアラート機能など最新式のパッケージが装着される。

なお新型GLAの欧州での販売開始は来年初旬と発表されている。

【 メルセデス・ベンツ GLAのその他の情報 】
メルセデス・ベンツ GLAの中古車一覧
メルセデス・ベンツ GLAのカタログ情報
メルセデス・ベンツ GLAの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します