フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 2017年5月モデルの新車情報・カタログ

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

50.0 万円 528.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

301.9 万円 411.9 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 242
  • 総合評価 4.4
  • ユーザーレビュー (詳細) 565
  • みんなの質問 (詳細) 84
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,575×1,800×1,475mm〜
4,580×1,800×1,485mm
燃料消費率 17.3〜18.6km/L(JC08モード走行)
17.7km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 1,197〜1,968cc

概要

■2017年5月
フォルクスワーゲングループジャパンは、「VWゴルフヴァリアント」を2017年5月25日にマイナーチェンジして、同年5月29日より販売を開始した。

約4年ぶりのリニューアル。エクステリアはバンパー前後のデザインを刷新し、フェンダー奥まで切れ込んだ新デザインのヘッドライトにより、よりシャープなフロントマスクとなった。また、LEDヘッドライトを一部グレードに設定、LEDテールランプは全車に標準装備されている。このLEDテールランプはウインカーが流れるように光る「ダイナミックターンインジケーター」をフォルクスワーゲンとしては初めて採用した。

装備については、12.3インチ大型ディスプレイのデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ(ハイライン、Rラインにオプション)」を初採用。グラフィック表示となるメーターはドライバーの好みに応じて数種類のモードから選ぶことができる。純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ(オプション)」と連動したマップをより大きく映し出すことで視認性を高めている。

ラジオシステムの「コンポジションメディア」は6.5インチから8インチに、「ディスカバープロ」も8インチから9.2インチにサイズアップされた。「ディスカバープロ」にはジェスチャーコントロール機能が備わり、スクリーン手前で手を左右に動かすだけでホームメニューの切り替えやラジオの選局などが行える」。

同乗者がラジオの操作やナビゲーションの目的地検索ができるスマートフォン向けアプリ、「フォルクスワーゲンメディアコントロール」も5月29日より配信される。これにより各種オンラインサービスの「フォルクスワーゲンカーネット(オプション)」と相まって、インフォテイメントシステムとスマートフォンの連携によって利便性を向上させている。

運転支援システムについては、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」を標準装備。プリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」には、新たに歩行者検知機能が追加されている。

同年7月20日には一部仕様変更を実施し、純正インフォテイメントシステム「コンポジションメディア」と「ディスカバープロ」の機能を向上した。

2018年1月1日には価格改定を実施した。

■2018年2月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ゴルフヴァリアントに特別仕様車「DYNAUDIO Edition(ディナウディオエディション)」を設定して、2018年2月1日に300台限定で発売した。

「ディナウディオエディション」は「TSI ハイライン」をベースに、デンマークのハイエンドオーディオメーカーDynaudio社と共同開発して、プレミアムサウンドシステムを搭載。フォルクスワーゲンの堅牢なボディ構造と優れた遮音性との相乗効果により、臨場感溢れる高品質なサウンドを車内で楽しむことができる。

8つのラウドスピーカーに加え、スペアホイールリセスに設置された10.5Lデュアル コイルサブウーファーの計9つのスピーカーから構成され、それぞれが最適なバランスに調整されている。総出力400Wの10チャンネルデジタルアンプが、各スピーカーにクリアな信号を送り、繊細な高音域からパワフルな低音域まで、ダイナミックで歪みのないサウンドを楽しめる。

プレミアムサウンドシステム“DYNAUDIO”をはじめ、ヴォルケーノブラウンマイクロフリース&ナパレザーシート/シートヒーター(運転席/助手席)、専用ドアシルプレート/ウッドデコラティブパネル/ボディ同色ルーフアンテナ、専用17インチアルミホイール、Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”などを特別装備する。

ボディカラーはインジウムグレーメタリックを設定した。

■2018年11月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ゴルフヴァリアントの「TSI コンフォートライン」と「TSI ハイライン」に特別仕様車「Tech Edition(テックエディション)」を設定して、2018年11月13日に発売した。

「TSI コンフォートライン テックエディション」は、デジタルメータークラスター“Active Info Display”を初採用。またベースモデルではオプション設定のVolkswagen 純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”やLEDヘッドライト、17インチ専用アルミホイールなどを標準装備した。

上級グレードの「TSI ハイライン テックエディション」は、ベースモデルにオプション装備のデジタルメータークラスター“Active Info Display”と Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“Discover Pro”が標準装備。またハイビーム使用時の対向車への眩惑を防ぐ“ダイナミックライトアシスト”やステアリング操作に連動してヘッドライトの照射エリアを調整する“ダイナミックコーナリングライト”、LED テールランプなどの安全・快適装備を新たに標準装備とした。

2019年1月1日には価格改定を実施した。

■2019年6月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ゴルフヴァリアントに特別仕様車「Meister(マイスター)」を設定して、2019年6月4日に発売した。

「マイスター」は「TSI コンフォートライン」と「TSI ハイライン」の2グレードに設定。両グレード共通で、“パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)”と“Park Assist”を標準装備して、安全性を強化した。

上級グレードの「TSI ハイライン マイスター」は、レザーシートやパワーシート、シートヒーターなどを装備した。

また、デンマークのハイエンドオーディオメーカー「Dynaudio」と共同開発したプレミアムサウンドシステム“Dynaudioサウンドシステム”を新たにオプション設定した。

■2019年10月
フォルクスワーゲングループジャパンは、ゴルフヴァリアントに「TDI」エンジンを搭載したモデルを設定して、2019年8月20日に発表、同年10月1日に発売した。

ディーゼルエンジンの「TDI」モデルがI設定されるのは、「TDI コンフォートライン」と「TDI ハイライン」の2グレード。また同年6月に「TSI」モデルに設定された特別仕様車「マイスター」にも設定し、全4グレードとなる。「TDI」モデルは、最高出力110kW(150PS)、最大トルク340Nm(34.7kgm)と7速DSGを組み合わせ、優れた走行性能と燃費効率を高次元で両立したという。

特別仕様車の「マイスター」シリーズは、レザーシートやプレムアムサウンドシステム“DYANUDIO”、液晶デジタルメーター“Active Info Display”に加え、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”や駐車支援システム“Park Assist”など、充実した各種先進安全装備や上級装備を採用した。

あわせて同年6月に発売した「TSI コンフォートライン マイスター」は、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)とリヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能付)を標準装備して、安全性を強化した。

2020年1月1日には、一部グレードの価格改定を実施した。

2020年5月1日には価格改定を実施した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る ゴルフ ヴァリアント 2017年5月マイナーチェンジ

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 ゴルフ ヴァリアント 2017年5月マイナーチェンジ

専門家レビュー ゴルフ ヴァリアント ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 最高の実用車が次世代HMIで昇華

    2022.6.24

    西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    3
    年式
    2021年7月〜モデル
    満足している点
    広さ、走り、そしてゴルフのブランドだ。欧州でもSUV人気が高いが、じつはステーションワゴンも地味に売れ続けている。欧州メーカーがいまだにワゴンボディをラインアップしているのは、各国が陸続きであり、高速道路を使った移動が主体であるからだ。速度が高いと背の低いボディの安定性が光る。そして荷物も積みたい、となるとワゴンになる。フォルクスワーゲンはそこをマジメに追求している。
    不満な点
    輸入車に乗っているステータス感は正直薄い。ここを重要視される方には上位のパサート・ヴァリアントか、アルテオン・シューティングブレークをおすすめしたい。車両価格は装備内容と走行性能、そして安全性能からすれば決して高くはないが、300万円の大台となると魅力的な国内外SUVも射程内に。よって、ゴルフのブランドにこだわりをどれだけ見つけられるかによって、評価は変わる。
    デザイン
    8代目ゴルフのステーションワゴンボディ版。現行ゴルフ(ハッチバックボディ)を最初に見かけた際はどうも新しい顔付きに馴染めなかったが、ステーションワゴンでは一転して馴染めた。延長されたルーフラインとの相性が良いからだ。リヤゲートの角度もワゴンが若干強められていることからワイドな顔付きとのバランスも良い。奇をてらった感はまったくないが紛れもなくゴルフのアイコンを踏襲している。

    続きを見る

  • 未来も感じる実用車のカガミ

    2022.6.20

    まるも 亜希子
    まるも 亜希子
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4
    年式
    2021年7月〜モデル
    満足している点
    23万1000円のテクノロジーパッケージに含まれる、LEDマトリクスヘッドライトの「IQ.LIGHT」は夜間を走る際に自動的に配光を制御するシステムで、この賢さには驚きました。夜間の運転中に目の疲れが軽減され、見えやすくなったことを実感。
    不満な点
    ゴルフ同様に、インパネがスッキリと未来的になり、指の動きでエアコンを操作したりする新しいインターフェースが採用されているのですが、これがどうも……苦手です。なかなか上手く操作できなくて、どれくらい乗れば慣れるのか知りたいと思いました。
    デザイン
    先代のフルモデルチェンジでガラリと未来感の強いデザインに変身。今回の6代目となる新型はその正常進化といえる範囲で、特別な驚きはなかったです。が、サイドビューがかなり伸びやかになり、先進性もより強く感じられるデザインになっていると思います。それでいて、ゴルフらしい質実剛健さも健在。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

所有者データ ゴルフ ヴァリアント

  • 人気のカラー

    1. 33.0%
    2. シルバー
      16.5%
    3. 12.6%
  • 人気の排気量

    1,200cc
    32.0%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      37.3%
    2. 近畿地方
      19.7%
    3. 東海地方
      9.8%
  • 男女比

    男性
    95.1%
    女性
    3.6%
    その他
    1.1%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング ゴルフ ヴァリアント

中古車相場 ゴルフ ヴァリアント

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
平均価格 191.3万円
平均走行距離 39,642km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 ゴルフ ヴァリアント

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/
/