新車価格(税込)

275.0383.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8158.0万円

中古車を検索

グレード情報ゴルフ ヴァリアント

マイナーチェンジ一覧2件2010年9月〜一部改良 ゴルフ ヴァリアント

ユーザーレビュー64件ゴルフ ヴァリアント

ゴルフ ヴァリアント

  • 頑丈なボディ
  • 維持費が安い
  • 室内空間が広い

平均総合評価

4.6
走行性能:
4.2
乗り心地:
4.2
燃費:
3.8
デザイン:
4.3
積載性:
4.4
価格:
3.9

専門家レビュー4件ゴルフ ヴァリアント

所有者データゴルフ ヴァリアント

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. TSI コンフォートライン_RHD(DSG_1.4)
    2. TSI トレンドライン_RHD(DSG_1.4)
    3. TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー_RHD(DSG_1.2)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    94.5%
    女性
    4.8%

    その他 0.5%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 42.9%
    2. 近畿地方 15.2%
    3. 東海地方 9.1%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ゴルフヴァリアント

平均値を表示しています。

ゴルフヴァリアント

ゴルフヴァリアントの中古車平均本体価格

41.8万円

平均走行距離62,968km

買取情報ゴルフ ヴァリアント

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値ゴルフ ヴァリアント

走行距離別リセール価値の推移

ゴルフ ヴァリアント
グレード:
TSI コンフォートライン_RHD(DSG_1.4)

5年後の売却予想価格

新車価格

325.0万円

売却予想価格

5.0万円

新車価格の 2%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 12万円 8万円

5万円

新車価格の
2%

2万円

新車価格の
1%

1万km 11万円 7万円 4万円 0万円
2万km 11万円 6万円 1万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて ゴルフ ヴァリアント

2010年9月

■2010年9月
2009年4月にゴルフVからゴルフVIに変わったのに続き、ステーションワゴンのゴルフヴァリアントも11月にフルモデルチェンジを受けた。ボディの基本骨格などはゴルフVをベースにしたヴァリアントと変わらず、大きなラゲッジスペースなど、従来のモデルが持つ使い勝手の良さはしっかり継承された。新型車ではフロント回りのデザインがゴルフVIと共通のものになったほか、インパネ回りのデザインなどもゴルフVIと同じものに変更された。その意味で今回のヴァリアントはゴルフVとVIの中間にあるようなモデルといえる。デザインの変更に合わせてインテリア回りの質感が大幅に向上されたほか、遮音性の高いガラスを採用することなどによって静粛性を大幅に向上させている。搭載エンジンはいずれも直噴仕様のTSIで、1.4リッターはターボ仕様とターボ+スーパーチャージャー仕様の2機種があり、2.0リッターエンジンはターボ仕様のみとなる。1.4リッターには7速の乾式DSGが組み合わされ、2.0リッターには6速の湿式DSGが組み合わされる。このうち1.4リッターのターボ仕様エンジンは16.8km/Lという低燃費を実現するなど、各モデルとても燃費を向上させ、エコカー購入補助金の対象となった。安全装備はESPのほか、ブレーキアシスト&EBD付きABS、8SRSエアバッグなどが標準で充実した仕様が用意される。カーナビはオプション設定だが、快適装備の充実度も高い。2010年1月にはTSIトレンドラインの燃費を向上させてエコカー減税に適合させた。9月にはTSIコンフォートラインの燃費を向上しエコカー減税に適合させた。

■2011年8月
2009年4月にゴルフVからゴルフVIに変わったのに続き、ステーションワゴンのゴルフヴァリアントも11月にフルモデルチェンジを受けた。ボディの基本骨格などはゴルフVをベースにしたヴァリアントと変わらず、大きなラゲッジスペースなど、従来のモデルが持つ使い勝手の良さはしっかり継承された。新型車ではフロント回りのデザインがゴルフVIと共通のものになったほか、インパネ回りのデザインなどもゴルフVIと同じものに変更された。その意味で今回のヴァリアントはゴルフVとVIの中間にあるようなモデルといえる。デザインの変更に合わせてインテリア回りの質感が大幅に向上されたほか、遮音性の高いガラスを採用することなどによって静粛性を大幅に向上させている。搭載エンジンはいずれも直噴仕様のTSIで、1.4リッターはターボ仕様とターボ+スーパーチャージャー仕様の2機種があり、2.0リッターエンジンはターボ仕様のみとなる。1.4リッターには7速の乾式DSGが組み合わされ、2.0リッターには6速の湿式DSGが組み合わされる。このうち1.4リッターのターボ仕様エンジンは16.8km/Lという低燃費を実現するなど、各モデルとても燃費を向上させ、エコカー購入補助金の対象となった。安全装備はESPのほか、ブレーキアシスト&EBD付きABS、8SRSエアバッグなどが標準で充実した仕様が用意される。カーナビはオプション設定だが、快適装備の充実度も高い。2010年1月にはTSIトレンドラインの燃費を向上させてエコカー減税に適合させた。9月にはTSIコンフォートラインの燃費を向上しエコカー減税に適合させた。2011年8月にはTSIトレンドラインにコンフォートシートやアルミホイールなどを追加し、またTSIコンフォートラインにアルカンターラ&ファブリックシートのスポーツシートやクロームルーフレールなどを追加して、それぞれプレミアムエディションとして発売した。

■2012年3月
2012年2月にはゴルフヴァリアントとして初めて、1.2リッターにダウンサイジングした直噴ターボ仕様のTSIエンジンを搭載し、スタート/ストップシステム(アイドリングストップシステム)やブレーキエネルギー回生システムを合わせたブルーモーションテクノロジーを採用したTSIトレンドラインブルーモーションテクノロジーを追加(発売は3月23日から)した。これによって10・15モード燃費は、16.4km/Lから18.4km/Lへと約12%向上し、ゴルフヴァリアントとして過去最高の低燃費を実現した。同時に、オートライトシステムやレインセンサー、自動防眩ルームミラーなど、快適装備を充実させ、魅力的なエントリーグレードに仕上げている。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。