現在位置: > > > > > 国産車ではもうロータスエリーゼの様な車重1tを...

『国産車ではもうロータスエリーゼの様な車重1tを...』:ホンダ CR-Z

解決済み国産車ではもうロータスエリーゼの様な車重1tを切る本格ライトウェイトスポーツカーは作られないのでしょうか?また、作られないとしたらそれはどうしてでしょうか?

国産車ではもうロータスエリーゼの様な車重1tを切る本格ライトウェイトスポーツカーは作られないのでしょうか?また、作られないとしたらそれはどうしてでしょうか?まもなくデビューするホンダのCR-Zも1100kgオーバーの様ですし、トヨタとスバルの共同開発FT-86もまだ車重は非公表ですがスタイル的に1tを切っているとは思えません。2000cc未満の小排気量だとやはりパワーウェイトレシオを少しでも下げる事が、スポーツカーにとって理想的だと思うのですが間違ってますか?因みにCR-Zの前身に当たるCR-Xは車重約850kg、FT-86の前身AE-86は車重約950kgでした。またロータスエリーゼに至っては僅か700kg台の軽さです。
更にもう一点。昨今のスポーツカーは国産車も外車もボンネットやドアパネルが高い車が増えて、それがどうしても重々しく映って余りカッコよく見えないのですが、皆さんはボンネットやドアパネルが高くてもカッコよく見えますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

雑誌の受け売りですが、「ベストカー」によると、
マツダの次期ロードスターは、ダウンサイジングして
1t以下を目指しているそうです。

排気量が1300ccになるかも知れないとも書かれています。
どれだけスポーツ度を残せるかが気になるところです。

私はFR好きなのでFT-86、ロードスターに期待していますが、
1200kgを超えたら、おそらく買いませんね・・

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • あるよ。
    もうすぐ発売される予定の鈴商スパッセ。

    大手企業が参入するのは無理でしょう。
    ロータスだって元はバックヤードビルダーですから。
    軽くするにはお金がかかりますから。
    自転車を見れば良くわかりますね。
    それに意味が見出せる人がいるかどうかでしょうね。
    どちらかといえば日本はストイックな軽さよりパワーが
    ある車のほうが好まれますから。

    探せばキットカーのようなライトウェイトは結構ありますよ。
    ただ、どれも極小メーカーの少量生産なんで非常に高価ですが。

    大手がこんな小さな市場にリスクを犯して参入する事は無いでしょう。
    安全性の問題もあるだろうし。

    個人的には大好きですが、買える価格ではないです。
    もっと小さくもっと軽くは理想ですね。
    ワンシーターあるいはタンデムの超軽量小型スポーツカーが電動で
    出る事を期待しています。

  • 商売は趣味じゃありませんので、趣味だけに特化した車を売ると借金だけが残り倒産してしまいます。

    ロータスなどのメーカーは「スポーツカーのメーカーとして確固たる地位」を築いています。
    しかもそれは全世界でです。
    全世界で見れば需要がある程度あるのは当たり前です。
    大もうけは出来なくても赤字にならないだけの収入は確保でき、しかもそれに加えてブランドイメージもどんどん上がっていきます


    日本メーカーの場合、いくら海外進出したとはいえ国内需要に頼っている面が多く、マーケットも限定的なものとなってしまいます。

    ロータスは全世界、トヨタやホンダは日本などの地域限定。
    スポーツカーの需要がどちらに多いかは目に見えてます。

    加えて日本メーカーのスポーツカーは一部を除きほとんど売れません。
    しかも海外だと国内より高く売られています。
    仮にスポーツカー好きにロータスを500万で買うか、CR-Zを500万で買うかと問えば、誰しもがブランドイメージ的にも速さ的にもロータスを選ぶでしょう。

    日本メーカーに限らず、全世界の大手メーカーがこのようなスタンスで、ライトウェイトスポーツカーからは身を引いています。
    売っても意味がない、売っても売れない、売っても赤字
    もしロータスが売っても売れないならもうとっくに廃盤、ロータスも潰れているでしょう。

  • 日本人が走りを楽しむことが無くなり、本気で乗る日本人がかなりニッチだからです。例を挙げましょう。

    ランエボXの競技向けモデルが1420kgで、トップグレードのGSR-Premium1600kg。その重量差は180kgにもなります。その違いはもちろん装備品。もちろんランエボは4ドアでまっとうなライトウェイトではありませんが、この重量差というのを購買層は理解していません。逆に「せっかくエボX買うのだから、イモビ付けてスマートキーを。ついでにナビとオーディオも~」って考える人が圧倒的に多く、そして買ってノロノロゆったりと走るのです。これはこれでも一つの考え方で私はアリかと思いますよ。余裕や雰囲気を公道で楽しめるのは、イメージでフェラーリやポルシェを買うのと同じです。

    軽量コンパクトなスポーツカーは日本国内メーカーでは作れないでしょう。例に挙げていたロータスも言わば大きめの光岡自動車みたいなモノでして(^^ゞ 日本メーカーは万単位で車をさばかないと”儲からない”と判断されてしまいます。仮にトヨタがヴィッツやIQベースでスポーツできるエンジンとハイテク満載のチューンを行って、車高が低く、車重が800キロのスポーツカーを作っても売れないと思うのですよ。買ってコーナーを攻めてやる!という人の人口が少なすぎるのです。

    最後に技術的な面。衝突安全基準が昔よりもかなり厳しくなってます。このため昔のペラペラボディーはもう使えません。またABSやエアバックといった安全装置もこれら2つだけで20~40キロは重くなってしまいます。

  • トヨタがMR-Sの後継モデルとも言えるミッドシップのハイブリッドスポーツを開発しているらしいですが・・・オートサロンに展示されてました。ただモーターを積んだりしたら車重1tは切れるかどうか分りませんね。
    あとはFRのホットハッチなんていうのもありましたけど、これも無理そうですね。
    ただ軽自動車であればホンダがビートの後継を、ダイハツがコペンの後継を出しそうなので、軽自動車でもよければ国産ライトウェイトスポーツとしての選択肢はあると思いますよ。

  • 開発コストが掛かるうえに売れないので、作る気がありません。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)
  2. 2位
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ 日本カー・オブ・ザ・イヤー 受賞記念車
    698,000円(埼玉)
  4. 4位
    1.5 アルファ
    500,000円(岡山)
  5. 5位
    α 6MT HDDナビ
    250,000円(富山)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)